コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藪内紹智(2代) やぶのうち じょうち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藪内紹智(2代) やぶのうち-じょうち

1577/80-1655 江戸時代前期の茶人。
天正(てんしょう)5/8年生まれ。初代藪内紹智の子。西本願寺良如知遇を得,寺領の一部をもらいうける。聚楽第(じゅらくだい)にあった茶室燕庵(えんあん)をうつし,藪内流の基礎をかためた。承応(じょうおう)4年1月6日死去。76/79歳。名は宗実。別号に真翁,了智,月心軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藪内紹智(2代)の関連キーワード安土桃山時代(年表)天文学史(年表)スマラガ天荊松永久通鷹巣城七尾城エル・グレコ中国征伐三谷盛直

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android