藪内紹智(2代)(読み)やぶのうち じょうち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藪内紹智(2代) やぶのうち-じょうち

1577/80-1655 江戸時代前期の茶人。
天正(てんしょう)5/8年生まれ。初代藪内紹智の子。西本願寺良如知遇を得,寺領の一部をもらいうける。聚楽第(じゅらくだい)にあった茶室燕庵(えんあん)をうつし,藪内流の基礎をかためた。承応(じょうおう)4年1月6日死去。76/79歳。名は宗実。別号に真翁,了智,月心軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例