藪内紹智(2代)(読み)やぶのうち じょうち

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「藪内紹智(2代)」の解説

藪内紹智(2代) やぶのうち-じょうち

1577/80-1655 江戸時代前期の茶人。
天正(てんしょう)5/8年生まれ。初代藪内紹智の子。西本願寺良如知遇を得,寺領の一部をもらいうける。聚楽第(じゅらくだい)にあった茶室燕庵(えんあん)をうつし,藪内流の基礎をかためた。承応(じょうおう)4年1月6日死去。76/79歳。名は宗実。別号に真翁,了智,月心軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android