コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藪田貞治郎 やぶたていじろう

3件 の用語解説(藪田貞治郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藪田貞治郎
やぶたていじろう

[生]1888.12.16. 滋賀
[没]1977.7.20. 東京
農芸化学者。 1916年東京大学大学院を修了。農林省技師を経て東大農学部助教授イギリス留学後,24年東大教授,理化学研究所研究員を兼任。植物病理生化学の分野で業績をあげた。稲の馬鹿苗病菌から植物ホルモンジベレリン」を結晶状に分離した研究で,43年日本学士院賞

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藪田貞治郎 やぶた-ていじろう

1888-1977 大正-昭和時代の農芸化学者。
明治21年12月16日生まれ。大正13年母校東京帝大の教授。住木諭介(すみき-ゆすけ)と植物ホルモンの一種ジベレリンを発見。またコウジ代謝産物化学構造を決定した。昭和18年学士院賞,39年文化勲章。昭和52年7月20日死去。88歳。滋賀県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藪田貞治郎
やぶたていじろう
(1888―1977)

農芸化学者。滋賀県生まれ。1911年(明治44)東京帝国大学農芸化学科を卒業、大学院に在学中にコウジ菌のコウジ酸の化学構造を決定した。1921年(大正10)東京帝大助教授、1924年教授となる。1926年からは理化学研究所研究員を兼ねた。1930年(昭和5)ごろからイネの馬鹿苗病(ばかなえびょう)をおこす徒長物質の研究に携わり、その実体を明らかにしてジベレリンと命名、1938年にはその結晶化に成功、1943年帝国学士院賞を受けた。そのほか、広く微生物の代謝廃棄物の利用研究を指導した。1964年(昭和39)文化勲章を受章、日本学士院会員にも選ばれた。[佐藤七郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藪田貞治郎の言及

【ジベレリン】より

…これはGibberella fujikuroi(Fusarium moniliformeと呼ばれることもある)という植物病原菌の感染によってひきおこされる病気で,罹病したイネは草丈が高く(徒長)なり,葉色も緑色が淡くなり,ひどい場合には枯死する。この病原菌の代謝産物の中にイネを徒長させる物質の存在することが,当時の台湾の農事試験場の技師であった黒沢英一によって証明され,1938年には東京大学農芸化学科の藪田貞治郎,住木諭介によって,活性の本体が結晶として単離され,ジベレリンと命名された。戦後,イギリス,アメリカ,日本の研究陣によってジベレリンの研究が展開され,54,55年にジベレリンA1,A2,A3(以下GAnのように略記する)の3種が単離された。…

※「藪田貞治郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藪田貞治郎の関連キーワード階乗滋賀医科大学Nエヌn/dROBOW@NN末端残基スウェンソンDiaz de la Peña,N.Politeia tōn Romaiōn

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone