コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇陽 そよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘇陽
そよう

熊本県東部,山都町東部の旧町域。阿蘇外輪山 (→阿蘇山 ) の南東斜面を占め,宮崎県に接する。 1956年馬見原町,菅尾村,柏村が合体し蘇陽町が成立。 2005年清和村,矢部町と合体し山都町となる。五ヶ瀬川緑川の水源地帯を形成する高原にあり,中心地区の馬見原はかつて周辺の商業,交通の中心地で,酒醸造業が盛んであった。シイタケ,チャ (茶) ,タバコを栽培。和牛 (阿蘇赤牛) の飼育が盛ん。五ヶ瀬川上流の蘇陽峡は高さ約 100mの絶壁が 10km余も続く景勝地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蘇陽
そよう

熊本県中東部、阿蘇(あそ)郡にあった旧町名(蘇陽町(まち))。現在は上益城(かみましき)郡山都(やまと)町の東部を占める。旧蘇陽町は1956年(昭和31)馬見原(まみはら)町と柏(かしわ)、菅尾(すげお)の2村が合併して改称。町名は、昭和初期に命名された五ヶ瀬(ごかせ)川の峡谷「蘇陽峡」に由来する。2005年(平成17)上益城郡矢部(やべ)町、清和(せいわ)村と合併、山都町となった。旧町域の北半は阿蘇溶結凝灰岩の火山山地、南半は阿蘇溶結凝灰岩の丘陵・台地からなる。阿蘇地方と椎葉(しいば)地方とを結ぶ国道265号と、矢部(やべ)地方と高千穂(たかちほ)地方とを結ぶ国道218号とが交差し、交通の要所である。産業は米作を基調に畜産(肉牛肥育)を加味した在来型の農業に、新たに導入されたブルーベリー、ダイコン、葉タバコ、クリ、チャ、シイタケなどの栽培強化によって維持されている。また、100メートルを超える絶壁を10キロメートル近くにわたって有する蘇陽峡は、貴重な観光資源となっている。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

蘇陽の関連キーワード熊本県上益城郡山都町長崎矢部(熊本県の地名)矢部周辺県立自然公園熊本県上益城郡山都町五ヶ瀬(町)山都(町)蘇陽〈町〉山都[町]九州山地孫星衍

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蘇陽の関連情報