コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行基図 ぎょうきず

6件 の用語解説(行基図の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行基図
ぎょうきず

奈良時代の僧行基が作成したといわれる日本で最初の全国地図。実物は現存しないが,それを踏襲模写した「行基式日本地図」は残存し,最古のものとして平安時代のものがある。延暦 24 (805) 年改正輿地図である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎょうき‐ず〔ギヤウキヅ〕【行基図】

行基が作ったとされる日本地図。現存しないが、体裁を模したと考えられるものが平安時代から江戸初期まで各種流布した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

行基図【ぎょうきず】

江戸時代初期以前に作られたおおまかな日本全図の総称。名称は行基が作ったとの伝承による。丸みを帯びた日本全体の輪郭線の中に,畿内を中心として,七道の方向,諸国の順位と隣接関係が示される。
→関連項目古地図

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうきず【行基図】

江戸時代初期以前に日本で作られた日本全図のうち,五畿七道の諸国を平滑な曲線で囲み,山城(京都)を起点とする諸国への経路を記入した簡略な図の総称。行基型(または行基式)日本図ともいう。名称のおこりはこの種の図に奈良時代の高僧行基の作である旨の記載があることによる。とはいえ,大和(奈良)を起点とした経路を記入する図は現存しておらず,行基の作というのは後世の付会であろう。 最古の年紀のある行基図は,京都の賀茂御祖(みおや)神社(下鴨神社)に伝わっていたという805年(延暦24)改定の《輿地図(よちず)》(江戸時代の模写)で,行基図の特徴は十分に備えているが,行基の名は記載されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぎょうきず【行基図】

行基が作ったと伝えられる最古の日本総図。原本は残っていないが、諸図が伝えられている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行基図
ぎょうきず

奈良時代に僧行基(668―749)が作成したと伝えられる日本国地図。京都仁和寺(にんなじ)蔵「日本図」(1305=嘉元3)、洞院公賢(とういんきんかた)(1291―1360)撰(せん)『拾芥抄(しゅうがいしょう)』収録の「大日本国図」など数個の例品があり、山城(やましろ)(京都府)や大和(やまと)(奈良県)の諸国が団子を連ねた形で描かれ、七道の道線が記されるのが特色である。しかし、行基の伝記史料の「墓誌」、『続日本紀(しょくにほんぎ)』行基伝、『行基年譜』などに日本図はみえないし、奈良時代に彼が描いた地図は伝わっていない。行基が布教と社会事業施設(農業・交通関係)造営に畿内(きない)を回ったことから推測し、738年(天平10)8月26日国郡図を諸国から政府に提出させたこと(続日本紀)に彼が関与したと結び付け、高僧の彼が日本地図を描いたとの伝説が生まれ、後世に地図作成の栄誉を彼に付与したのであろう。[井上 薫]
『秋山武次郎著『日本地図史』(1955・河出書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の行基図の言及

【絵図】より

…これらの地図には方格の記入はないが,測量に基づくものであることはその内容から見て明らかであり,少数ながら精度の高い図も残っている。 日本全図の古いものとしては,16世紀以前の作品が数点残っているが,称名寺所蔵図(13世紀後半),《二中歴》(15世紀中期)所載図を除いては,平滑な曲線で示される海岸線・国界,山城を起点とする諸国への道線を描示する点で共通しており,それらは〈行基図〉と総称される。〈行基図〉であると否とにかかわらず,いずれも大型の官撰図から派生したものに相違ないが,古代・中世の日本全図については〈行基図〉の項を参照されたい。…

※「行基図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

行基図の関連キーワード伊能図洋画和鏡和字新場土城ビーチサンダルコカリナ越荷子鹿のバンビ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone