コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行政裁量 ぎょうせいさいりょうadministrative discretion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行政裁量
ぎょうせいさいりょう
administrative discretion

第一線の職員が個別案件について法の枠内で一定の判断を行なうこと。法律は一般的な基準しか提示しないので,政・省令などの行政立法,訓令・通達 (通知) ・要綱 (要領) ・告示などの行政規則により,法令の解釈・運用についてのガイドラインが作成される。個々のケースについての行政処分は,こうしたガイドラインによって行なわれることになるが,事実の認定や行政指導から行政処分に至るまでの活動の選択など行政裁量の余地は大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

行政裁量

行政は、法律に基づいて執行されなくてはならない。しかし法律は、個別の行政の執行に当たる第一線の職員に明白な基準を示すものではない。そこで、行政府では、内閣ならびに大臣の責任によって政令、省令を定めて法律を補完する。だが、こうした行政立法も、担当職員の執務にとって十分なガイドラインではない。こうして、通達、通知、要綱、要領といった法令の解釈、運用についての基準が作成され、執務担当者に示される。法令の解釈、運用についての裁量問題が生じる理由も、基本的にここにある。こうしたガイドラインは行政内部の規則であって、行政機関の職員のためのものであり、国民に周知する義務はない。しかし、これによって、個々の行政処分が実際に行われる時、行政規則は裁判規範とはなり得ないから、法律による行政が、行政裁量によって一段と形骸化されることにもなる。さらに、ガイドラインがあっても、それで執務が機能するとは限らない。実際には、担当職員は個別のケースについて独自に判断せざるを得ないのであって、行政処分を行う裁量行為は最後まで付きまとう。行政裁量は、現代行政に不可避的なものといえるが、行政の独善を避けるためにも、行政の責任とは何か、それをいかに確保するかが、絶えず追究されるべきである。

(新藤宗幸 千葉大学法経学部教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

行政裁量【ぎょうせいさいりょう】

法律により行政機関が自らの判断により行政行為を行うことが認められている場合の行政機関の裁量行為のこと。国民主権主義の立場から行政機関の行為はすべて法律に基づいて行われることになっているが,具体的な細目については行政機関の裁量に委ねていることが多い。具体的には,許認可行政といわれる各省庁の規制権限,さらには監督官庁による業界団体への行政指導などがあるが,とくに行政指導については法的根拠があいまいで,指導・助言・勧告などの名のもとに行われているため行政責任も不明確になりがちであるなど,問題が多い。このため,規制緩和や行政情報の公開(情報公開制度)などを含めた行政改革の必要性が叫ばれ,行政改革審議会において改革の具体的な検討が進められてきた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうせいさいりょう【行政裁量】

行政裁量とは,行政権による裁量,すなわち国または地方公共団体の行政機関が,行政権限の具体的な行使に当たって用いる自由裁量をいう。行政裁量という言葉は,立法裁量(立法権による裁量),司法裁量(司法権による裁量)に対する意味で用いられているが,現代国家における自由裁量の理論は,主として行政裁量に関するものであり,したがって,行政裁量のことを,単に自由裁量ということもある。行政裁量は,行政機関の一連の活動すなわち行政過程のあらゆる部面で行使されるものであって,その対象領域には,国の政令・省令あるいは地方公共団体の条例・規則などの行政立法をはじめ,行政計画,行政処分,行政指導,行政強制などのほか,国や地方公共団体と私人との間の契約(公法上・私法上の契約)などの私経済的作用も含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の行政裁量の言及

【自由裁量】より

…ある事案の処理が,特定の個人または機関の判断にゆだねられている場合,判断の基礎となるさまざまな材料について他からの指図や拘束を受けず,自由に選択し考量することをいい,その考量に基づく判断を自由裁量による判断または決定という。このように自由裁量は,通常の用語としては,判断材料に関する選択の自由あるいは選択の幅や余地を意味するが,法的用語としては,統治機関としての立法,司法および行政の各機関が行使する裁量のことをいい,各機関の区別に応じて,立法裁量,司法裁量または行政裁量と呼ばれる。立法裁量は,憲法の枠内において,国の立法機関としての国会が立法に当たって行使する政治的・専門技術的裁量であるのに対して,司法裁量および行政裁量は,いずれも法律の枠内において行使されるもので,このうち,司法裁量は,刑事事件では,主として量刑について,民事・行政事件では,主として認定事実に対する法令の解釈適用において行使される。…

※「行政裁量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

行政裁量の関連キーワード行政国家裁量処分

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行政裁量の関連情報