コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏判 うらはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裏判
うらはん

文書の裏に押した花押 (かおう) 。文書の内容の承認を意味した。このほか文書が数枚にわたる場合,紙の継ぎ目に裏判を押して,継ぎ目を証明した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うら‐はん【裏判】

文書の裏に記す署名・花押(かおう)や押印。表の文面を承認・保証するため、または相手方敬意を表すためなどに行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うらはん【裏判】

文書の紙背(裏)に書かれた花押。中世,相手に敬意を示す意味で請文(うけぶみ)の署名の裏に花押を書く習慣があった。このほかに裏判は表の文書が原本であることを確認し,またその効力を裏書き(保証)する目的で多用された。前者には,数枚の紙をはり継いだ文書が一連のものであることを示す継目裏判が,後者には,売券和与状の裏に奉行が加える裏判や目安(訴状)が法廷に受理された原本であることを示すために,奉行が加える目安裏判などがあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うらはん【裏判】

文書の裏面に記された花押かおうや押印。文書の文面を承認・保証する場合、あるいは相手に敬意を表する場合などに用いる。裏印。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裏判
うらはん

古文書の料紙(りょうし)の裏に据えられた判(印章、花押(かおう))のこと。訴陳の状や所領注文(しょりょうちゅうもん)あるいは算用状(さんようじょう)類に受取り側の裏判があるときは、それらの文書が正式な受理・確認や算勘を経たことを証し、その有効性を保障する。作成者の裏判は、請文(うけぶみ)の署判、文言の訂正箇所、証文類で金額・期日など重要な箇所の裏などにみられる。なお、庁裁などにおいて、正式の手続に従い一連の文書が作成される場合には、担当者の裏判がみられる。[武田 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の裏判の言及

【奥印】より

…また幕府勘定所などの帳簿にあっても,享保期以降,老中奥印などの形式が詳細に確定している。なお,奥印と同じ機能を持つものに,文書の裏に押される裏判がある。【安藤 正人】。…

※「裏判」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

裏判の関連キーワード明石酉軒大名屋敷裏を封ず返答書武田裏印

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android