コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褓負商 ほふしょうpobusang

2件 の用語解説(褓負商の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

褓負商
ほふしょう
pobusang

負褓商ともいう。朝鮮で各地の市場を巡回する行商人をさす。おもに金属器,冠,笠,筆墨などやや高価な雑貨を取扱う褓商と木器,土器,草むしろなどやや安価な日用雑貨を取扱う負商の総称。その発生については諸説あるが,新羅統一期前後と考えられ,朝鮮王朝 (李朝) 時代に政府の公認を受け,組合をつくり,固い規律のもとに活発な商業活動を展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほふしょう【褓負商】

朝鮮在来の行商人で,褓商(袱商とも書く)と負商の総称。負褓商ともいう。負商が穀物,乾魚や日用雑貨をチゲという運搬具にのせて売り歩いたのに対して,褓商のほうはやや高級な手工業品たる織物,衣服,帯紐,櫛等を褓(ふろしき)に入れて行商を行った。その起源は新羅時代にまでさかのぼると思われるが,彼らの活動が活発化するのは高麗末・李朝初期からであり,褓負商の起源を李朝の太祖李成桂と結び付けた伝説が残っているのもこのためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone