コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褓負商 ほふしょう pobusang

2件 の用語解説(褓負商の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

褓負商
ほふしょう
pobusang

負褓商ともいう。朝鮮で各地の市場を巡回する行商人をさす。おもに金属器,冠,笠,筆墨などやや高価な雑貨を取扱う褓商と木器,土器,草むしろなどやや安価な日用雑貨を取扱う負商の総称。その発生については諸説あるが,新羅統一期前後と考えられ,朝鮮王朝 (李朝) 時代に政府の公認を受け,組合をつくり,固い規律のもとに活発な商業活動を展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほふしょう【褓負商】

朝鮮在来の行商人で,褓商(袱商とも書く)と負商の総称。負褓商ともいう。負商が穀物,乾魚や日用雑貨をチゲという運搬具にのせて売り歩いたのに対して,褓商のほうはやや高級な手工業品たる織物,衣服,帯紐,櫛等を褓(ふろしき)に入れて行商を行った。その起源は新羅時代にまでさかのぼると思われるが,彼らの活動が活発化するのは高麗末・李朝初期からであり,褓負商の起源を李朝の太祖李成桂と結び付けた伝説が残っているのもこのためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

褓負商の関連キーワード商人宿唯諾河村瑞軒行商人旅商人競呉服ポッタリササゲ(行商人)書物行商人褓商

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone