コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西洋の没落 せいようのぼつらくDer Untergang des Abendlands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西洋の没落
せいようのぼつらく
Der Untergang des Abendlands

ドイツの哲学者 O.シュペングラーの著。第1巻は 1918年,第2巻は 22年の出版。これは生の哲学の影響のもとに,文明は有機的な生成,没落の過程をたどることを明らかにし,近代ヨーロッパ文明の没落の運命を告知したものである。第1次世界大戦後の悲観主義的な精神状況のなかで知識人の危機意識をあおり,全ヨーロッパに異常な衝撃を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいようのぼつらく【西洋の没落 Der Untergang des Abendlandes】

ドイツの哲学者シュペングラーの代表作で,第1次世界大戦後の大ベストセラー。第1巻《形態と現実》(1918),第2巻《世界史的展望》(1922)。決して読みやすくはないこうした歴史哲学の大著がベストセラーとなったのは,敗戦直後のドイツの絶望的混乱期という時代と,ショッキングな表題との二つがうまく合致したからだとされる。たしかに熱狂的な評判は1920年代中葉のワイマール共和国の安定期に入って急速に退潮した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいようのぼつらく【西洋の没落】

ドイツの哲学者シュペングラーの代表作。1918~22年刊。文化を有機体と見、発生・展開・衰滅の円環を必然的に描くものととらえて、西洋文明が没落に瀕していることを指摘。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西洋の没落
せいようのぼつらく
Der Untergang des Abendlandes

ドイツのシュペングラー文化哲学・歴史哲学的著作。「世界史の形態学の概要」という副題をもち、第一巻は1918年、第二巻は1922年に出版された。世界史をエジプトバビロニアから西洋に至る八つの高度文化の存在としてとらえ、それぞれの文化の独自性とその生成・老化の過程を考察し、西洋文化の現状の位置づけと対応を論じたもの。世紀末の文化哲学の議論と第一次世界大戦前の国際対立を契機として書かれたが、大戦後のドイツおよびヨーロッパの危機意識に合致して大きな反響をよんだ。[木村靖二]
『村松正俊訳『西洋の没落』全2巻(1978/2007・五月書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の西洋の没落の言及

【シュペングラー】より

…ドイツの歴史哲学者,政論家。ヨーロッパ文化の没落を予言する歴史哲学的考察の大著《西洋の没落》2巻(1918,22)が第1次世界大戦後のドイツで驚異的なベストセラーになったことで一躍文名をはせ,1919年にはニーチェ・アルヒーフ賞を受けた。それまでの彼は,高等学校教師の経験をもつ無名の一民間学者でしかなかったが,これ以後は新時代のドイツの哲学者,政論家として健筆を振るった。…

【ローマ没落史観】より

…これらは文化没落説の再評価ではあるが,〈没落〉の諸現象とされたものを帝国の内的変容としてとらえたうえでの再評価である点は重要である。また20世紀のヨーロッパ学界が生んだ没落史観として,シュペングラーの《西洋の没落》や,トインビーの《歴史の研究》における文明形態論的没落史観も看過できない。最後に,ビザンティン史家ベインズN.H.Baynesが提起した〈西の帝国が滅び,東の帝国が存続したのはなぜか〉という問題は,すべての没落史観が答えねばならない重要な問題であろう。…

※「西洋の没落」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報