コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見物左衛門 けんぶつざえもん

4件 の用語解説(見物左衛門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

見物左衛門
けんぶつざえもん

狂言の曲名。和泉流の番外曲。一人狂言で,『花見』と『深草祭見物』の2種がある。『花見』は,見物左衛門という男が花見に出かけ,地主 (じしゅ) の桜や西山の桜を見て回る様子を演じ,小謡,小歌,小舞などが入る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けんぶつ‐ざえもん〔‐ザヱモン〕【見物左衛門】

見物人を人名らしくいった語。田舎から出てきた見物客や吉原のひやかし客などにいう。
「―をあてに土手の茶屋」〈柳多留・二一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けんぶつざえもん【見物左衛門】

狂言の曲名。和泉流三宅派の番外曲で,現在もしばしば上演される。見物左衛門と名のる男がシテだが他に登場人物はなく,終始シテ一人の独白と仕方で演じる,特異な独り狂言筋立て・演出には,小書(こがき)ともいうべき《深草祭》《花見》の二通りがあるが,上演に際しては小書を付ける場合も付けない場合もある。《深草祭》は,5月5日,京都深草にある藤森神社の祭に出かけて流鏑馬(やぶさめ)や相撲などを見物して興じる様子を見せる狂言。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けんぶつざえもん【見物左衛門】

見物人を人名めかしていう語。多くは江戸見物にきた田舎者をさしていう。 「 -かごかきに邪魔がられ/柳多留 25

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

見物左衛門の関連キーワード三宅藤九郎和泉流鬼物雑狂言一人狂言和泉流宗家和泉元秀三宅藤九郎(9代)野村万斎七つ子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

見物左衛門の関連情報