親兵(読み)しんぺい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

親兵
しんぺい

皇居守護のために編成した兵隊。明治維新後、明治政府は1871年(明治4)2月に薩摩(さつま)、長州、土佐の各藩から藩兵を差し出させて初めて親兵(御親兵ともいう)と称する直轄軍隊を組織した。それは薩摩藩歩兵4大隊、砲兵4隊、長州藩歩兵3大隊、土佐藩歩兵2大隊、騎兵2小隊、砲兵2隊から編成され、総兵力約1万人であった。当初、兵部(ひょうぶ)省所管とされ、朝廷は内帑金(ないどきん)10万両をその経費に加え、近衛兵(このえへい)としての基礎を確立した。1872年近衛兵と改称。

[纐纈 厚]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐ぺい【親兵】

〘名〙
① 君主などの側近くに仕える兵。また、天子の身辺を護衛する兵。
※今昔(1120頃か)二五「敵等景季が武勇を見て惜むと云へども、守の親兵たるに依てしつ」 〔魏志‐張郃伝〕
② 江戸時代、文久三年(一八六三)三月、三条実美の建議によって設置された天皇護衛の兵。一〇万石以上の大名に命じ一万石に一人の割合で集めたが、同年九月解散。
③ 明治四年(一八七一)二月、皇居の守護のため編制した兵隊。翌年三月に近衛兵と改称。→御親兵

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんぺい【親兵】

明治政府最初の直属軍隊。〈御親兵〉と呼ばれた。明治新政府は1868年(明治1)2月にはじめて政府直属軍としての親兵を設置し,閏4月に各藩の献兵による京都警衛隊の制が定められたが,この制は翌年2月に廃止され,十津川郷士などの約400人の親兵を有したにすぎなかった。東京遷都後の皇居警衛には長州藩兵があたっていたが,70年12月山県有朋は鹿児島にいた西郷隆盛に薩・長・土3藩の献兵による親兵創設を説き,翌年2月,薩摩藩歩兵4大隊・砲隊4隊,長州藩歩兵3大隊,土佐藩歩兵2大隊・騎兵2小隊・砲隊2隊の献兵による親兵設置が令せられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の親兵の言及

【近衛】より

…旧陸軍で当初は天皇親衛軍として創設され,のちには陸軍の他の軍隊の任務のほかに宮闕警備の特別任務を負った軍隊。1872年(明治5)2月に近衛条例が制定され,親兵が近衛と改称された。各地の鎮台が陸軍卿の権内におかれた政府軍であるのとちがい,新設の近衛の総指揮官である近衛都督(初代山県有朋,2代西郷隆盛)は天皇に直隷した。…

※「親兵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android