コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角帽子 スミボウシ

デジタル大辞泉の解説

すみ‐ぼうし【角帽子】

死者にかぶせる頭巾(ずきん)。すんぼうし。
能のかぶり物の一。上がとがり、後ろを背中へ長く垂らす頭巾。ワキ僧の大部分とシテの一部が用いる。すんぼうし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すんぼうし【角帽子】

能のかぶり物。僧形の役がかぶる頭巾の一種。〈すみぼうし〉ともいう。紺,茶などの無地の緞子(どんす)で作り,頭部が三角にとがっていて後ろに長く垂れさがり,平紐後頭部を結ぶ。多くワキ・ワキヅレの僧の役に用いるが,シテでは《熊坂》の前ジテ,《俊寛》《景清》などに用いる。また角帽子の後ろを短く折り込んで着用することを〈沙門(しやもん)に着る〉または〈沙門帽子〉といい多く金襴で作る。流儀や演出により高僧の役に用いる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すみぼうし【角帽子】

能で脇僧がかぶる頭巾ずきん。上部は三角にとがらせ、後ろは背中に垂らし、後頭部でひもで結ぶ。すんぼうし。
角頭巾すみずきん 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の角帽子の言及

【角帽子】より

…多くワキ・ワキヅレの僧の役に用いるが,シテでは《熊坂》の前ジテ,《俊寛》《景清》などに用いる。また角帽子の後ろを短く折り込んで着用することを〈沙門(しやもん)に着る〉または〈沙門帽子〉といい多く金襴で作る。流儀や演出により高僧の役に用いる。…

【被り物】より

… 一方,布で頭を包む古くからの習風は,江戸時代に入ると,女子の被り物としての各種の帽子を生み出した。その代表的なものとしては,揚帽子,角帽子,野郎帽子,綿帽子がある。揚帽子は表は白,裏は紅絹の袷仕立てで,俗に白鷺と呼ばれた。…

※「角帽子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

角帽子の関連キーワードセブン シリー ドワーフスM.デ ファリャバレエ・リュッスアイトマートフキフォナウテススペイン音楽ピリディウムディアギレフファンダンゴフラメンコアントニオアラルコン黒岩 重吾マシーンファリアファリャ会田 由三角帽子角隠しピカソ