コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角田[市] かくだ

百科事典マイペディアの解説

角田[市]【かくだ】

宮城県南部の市。1958年市制。中部を阿武隈川が流れ,角田盆地が開け,阿武隈急行線が通じる。盆地の中心にある市街は江戸時代石川氏の城下町で,土蔵造の商家など古い家並みが残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かくだ【角田[市]】

宮城県南部の市。1958年市制。人口3万5316(1995)。阿武隈川が南から北に貫流する角田盆地の大半を占め,主要集落角田は阿武隈川西岸に位置する。伊達成実によって天正年間(1573‐92)に城が築かれ,1598年(慶長3)以降伊達氏一門の石川氏が入封した。近世には阿武隈川舟運の中継地として栄え,米,繭の一大集散地であり,その面影は今も商家の土蔵造に残る。近世後期には西側山麓の後背湿地が干拓された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

角田[市]の関連キーワード新藤兼人今村昌平岸信介内閣マキノ雅広加藤泰コーマン斎藤寅次郎鈴木清順野村芳太郎増村保造

角田[市]の関連情報