記名証券・無記名証券(読み)きめいしょうけんむきめいしょうけん

世界大百科事典 第2版の解説

きめいしょうけんむきめいしょうけん【記名証券・無記名証券】

証券面に特定を権利者として表示した有価証券記名証券,権利者の表示がなく証券所持人が権利者と認められる有価証券を無記名証券という。無記名証券には,権利者の表示がまったくないもののほかに,〈所持人〉〈持参人〉のように抽象的に表示するもの(所持人払証券または持参人払証券),特定の者を権利者として表示するとともに,証券の所持人または持参人も権利者となることができる記載があるもの(選択無記名証券)とがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android