コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誠照寺 ジョウショウジ

5件 の用語解説(誠照寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょうしょう‐じ〔ジヤウセウ‐〕【誠照寺】

福井県鯖江(さばえ)市本町にある真宗誠照寺派の本山。越前四本山の一。山号は上野山親鸞(しんらん)が越後への配流の途中、初めて越前で説法をした所と伝え、ここに如覚が弘安2年(1279)堂宇を建立、真照寺と称した。のち、後花園天皇の勅願所となり誠照寺と改めた。鯖江御堂

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

誠照寺【じょうしょうじ】

福井県鯖江市にある真宗誠照寺派の本山。越前真宗四本山の一つ。鯖江御堂とも。親鸞巡錫(じゅんしゃく)のあとに五男の道性(どうしょう)が住し,如覚のとき真照寺と称した。
→関連項目鯖江[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じょうしょうじ【誠照寺】

福井県鯖江市にある真宗誠照寺派の本山。山号は上野山。いわゆる越前三門徒の一つで,越前真宗四本山の一つ。大町の如道の弟子道性(証誠寺開祖)の子といわれる鯖江の如覚が開祖。寺伝では,親鸞が留錫した車道場で帰依した上野庄の領主波多野景行が空然と号して開祖し,親鸞の子道性(益方入道),その子如覚と相承され,1305年(嘉元3)後二条天皇から〈真照寺〉と寺号を下賜されたという。1433年(永享5)の町屋敷寄進状,35年の野畠寄進状(同寺蔵)には真照寺の名でみえ,39年の寺屋敷並寺領施行状に誠照寺とあるから,このころ改号したと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じょうしょうじ【誠照寺】

福井県鯖江さばえ市にある浄土真宗誠照寺派の本山。山号、上野山。寺伝では親鸞が越後へ流罪の途中、一時とどまった地を五男道性が継いだのに始まるとする。鯖江御堂。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

誠照寺
じょうしょうじ

福井県鯖江(さばえ)市本町にある真宗誠照寺派本山。山号は上野山(うわのざん)。俗に鯖江御堂(みどう)という。本尊は阿弥陀如来(あみだにょらい)。寺伝によると、親鸞(しんらん)が北陸流罪(るざい)の途中この地に錫留(しゃくりゅう)。のち親鸞の第5子道性(どうしょう)が当地に住し、1279年(弘安2)その長子如覚(にょかく)とともに堂舎を現在地に建て真照寺(しんしょうじ)と称した。その後、1437年(永享9)誠照寺と改称し、後花園(ごはなぞの)天皇の勅願寺となる。一説には秘事法門を唱えた如道の弟子道性の子如覚の建立ともいう。第10世秀意のとき柴田勝家(しばたかついえ)にくみしたため、1583年(天正11)豊臣(とよとみ)秀吉の兵火により堂宇を焼失。第15世秀誠(しゅうじょう)に至り復興したが、1862年(文久2)火災を受けた。江戸時代には日光輪王寺(りんのうじ)の下で天台宗に属し、1878年(明治11)独立した。[清水 乞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

誠照寺の関連キーワード三門徒鯖江十派証誠寺専照寺山元派鯖江つつじマラソン西山動物園鯖江[市]小泉了諦

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

誠照寺の関連情報