誠照寺(読み)じょうしょうじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

誠照寺
じょうしょうじ

福井県鯖江(さばえ)市本町にある真宗誠照寺派本山。山号は上野山(うわのざん)。俗に鯖江御堂(みどう)という。本尊は阿弥陀如来(あみだにょらい)。寺伝によると、親鸞(しんらん)が北陸流罪(るざい)の途中この地に錫留(しゃくりゅう)。のち親鸞の第5子道性(どうしょう)が当地に住し、1279年(弘安2)その長子如覚(にょかく)とともに堂舎を現在地に建て真照寺(しんしょうじ)と称した。その後、1437年(永享9)誠照寺と改称し、後花園(ごはなぞの)天皇の勅願寺となる。一説には秘事法門を唱えた如道の弟子道性の子如覚の建立ともいう。第10世秀意のとき柴田勝家(しばたかついえ)にくみしたため、1583年(天正11)豊臣(とよとみ)秀吉の兵火により堂宇を焼失。第15世秀誠(しゅうじょう)に至り復興したが、1862年(文久2)火災を受けた。江戸時代には日光輪王寺(りんのうじ)の下で天台宗に属し、1878年(明治11)独立した。

[清水 乞]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

じょうしょう‐じ〔ジヤウセウ‐〕【誠照寺】

福井県鯖江(さばえ)市本町にある真宗誠照寺派本山越前四本山の一。山号は上野山。親鸞(しんらん)越後への配流の途中、初めて越前で説法をした所と伝え、ここに如覚が弘安2年(1279)堂宇建立、真照寺と称した。のち、後花園天皇勅願所となり誠照寺と改めた。鯖江御堂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

誠照寺【じょうしょうじ】

福井県鯖江市にある真宗誠照寺派の本山。越前真宗四本山の一つ。鯖江御堂とも。親鸞巡錫(じゅんしゃく)のあとに五男の道性(どうしょう)が住し,如のとき真照寺と称した。代々,波多野・足利氏の保護を受け,1437年後花園天皇の願所として誠照寺と改めたという。豊臣秀吉の兵火にかかったが,のち復興。1878年真宗の一派として独立。
→関連項目鯖江[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうしょう‐じ ジャウセウ‥【誠照寺】

福井県鯖江市下本町にある真宗誠照寺派の本山。越前真宗四ケ本山の一つ。山号は上野山。承元元年(一二〇七)親鸞が越後国に流される途中、布教のために立ち寄った草庵に始まると伝えられる。弘安二年(一二七九)如覚が堂宇を建立、真照寺と称した。永享九年(一四三七)後花園天皇の勅により現寺号に改め勅願所となる。鯖江御堂。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうしょうじ【誠照寺】

福井県鯖江市にある真宗誠照寺派の本山。山号は上野山。いわゆる越前三門徒の一つで,越前真宗四本山の一つ。大町の如道の弟子道性(証誠寺開祖)の子といわれる鯖江の如覚が開祖。寺伝では,親鸞が留錫した車道場で帰依した上野庄の領主波多野景行が空然と号して開祖し,親鸞の子道性(益方入道),その子如覚と承され,1305年(嘉元3)後二条天皇から〈真照寺〉と寺号を下賜されたという。1433年(永享5)の町屋敷寄進状,35年の野畠寄進状(同寺蔵)には真照寺の名でみえ,39年の寺屋敷並寺領施行状に誠照寺とあるから,このころ改号したと思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android