コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

う【諾】

[感]承諾の気持ちを表す語。うん。
「我も否(いな)とも―とも云う暇(いとま)なく」〈鴎外訳・即興詩人

お〔を〕【諾】

[感]承諾・応答の意を表す語。はい。
「こなたにと召せば、―と、いとけざやかに聞こえて」〈・行幸〉

せ【諾】

[感]承諾の意を表す応答の語。はい。うん。
「否(いな)―とも言ひ放たれず憂きものは身を心ともせぬ世なりけり」〈後撰・恋五〉

だく【諾】

承知すること。引き受けること。また、その。「返事を得る」

だく【諾】[漢字項目]

常用漢字] [音]ダク(漢) [訓]うべなう
よろしいと承知する。うべなう。「諾意諾否一諾応諾快諾許諾受諾承諾然諾内諾
承知する返事。はい。「唯唯諾諾(いいだくだく)
[名のり]つく
[難読]諾威(ノルウェー)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

お【諾】

( 感 )
承諾を表す応答の語。はい。 「否いなも-も欲しきまにまに/万葉集 3796

せ【諾】

( 感 )
承諾の意を表す語。はい。うん。 「親のまもりける女をいなとも-ともいひ放て/後撰 恋五

だく【諾】

応答または承諾すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

諾の関連キーワードイザナギノミコト(伊弉諾尊)インフォームドコンセント兵庫県南あわじ市市市チノー族(基諾族)兵庫県淡路市多賀風木津別之忍男神保険契約の締結久久能智神恵比須三郎嫁ぎ教え鳥若王子神社級長津彦命天之吹男神新熊野神社伊弉諾神宮伊豆能売神迦具土神恵那神社禍津日神三峯神社

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諾の関連情報