コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

8件 の用語解説(諾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

う【諾】

[感]承諾の気持ちを表す語。うん。
「我も否(いな)とも―とも云う暇(いとま)なく」〈鴎外訳・即興詩人

お〔を〕【諾】

[感]承諾・応答の意を表す語。はい。
「こなたにと召せば、―と、いとけざやかに聞こえて」〈・行幸〉

せ【諾】

[感]承諾の意を表す応答の語。はい。うん。
「否(いな)―とも言ひ放たれず憂きものは身を心ともせぬ世なりけり」〈後撰・恋五〉

だく【諾】

承知すること。引き受けること。また、その語。「の返事を得る」

だく【諾】[漢字項目]

常用漢字] [音]ダク(漢) [訓]うべなう
よろしいと承知する。うべなう。「諾意諾否一諾応諾快諾許諾受諾承諾然諾内諾
承知する返事。はい。「唯唯諾諾(いいだくだく)
[名のり]つく
[難読]諾威(ノルウェー)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

お【諾】

( 感 )
承諾を表す応答の語。はい。 「否いなも-も欲しきまにまに/万葉集 3796

せ【諾】

( 感 )
承諾の意を表す語。はい。うん。 「親のまもりける女をいなとも-ともいひ放て/後撰 恋五

だく【諾】

応答または承諾すること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

諾の関連情報