豊川稲荷(読み)トヨカワイナリ

  • とよかわいなり とよかは‥
  • とよかわいなり〔とよかは〕

デジタル大辞泉プラスの解説

△愛知県豊川市▽にある曹洞宗の寺院、円福山妙厳(みょうごん)寺の通称。「豊川閣妙厳寺」ともいう。1441年開創。本尊は千手観音菩薩。鎮守として祀られたダキニ真天が白狐にまたがっていたことから、豊川稲荷と称されるようになった。織田信長など戦国武将の崇敬を受け、稲荷信仰流行とともに発展

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

愛知県豊川市にある曹洞宗の円福山妙厳(みようごん)寺のことで,当寺にまつる鎮守稲荷社が信仰を集めて繁栄したことにより,豊川稲荷と呼ばれる。現在の豊川市はその門前町である。妙厳寺は,1441年(嘉吉1)に東海義易が開創した名刹で,1602年(慶長7)には朱印地45石を受けている。伝説によると,道元の弟子にあたる寒巌義尹(かんがんぎいん)が,康元年間(1256‐57)に入宋(につそう)して帰朝途次に乗った霊神が船上に現れて,自分は吒枳尼真天(だきにしんてん)であり,仏法を守護すると告げた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

豊川市にある曹洞宗妙厳寺。本尊は千手観音菩薩。山門に荼枳尼天だきにてんがまつってあり、豊川稲荷の名で知られる。東京都港区赤坂にある豊川稲荷は、この別院。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛知県豊川市豊川町にある曹洞(そうとう)宗の寺。円福山(えんぷくざん)と号する。本尊は千手観音菩薩(せんじゅかんのんぼさつ)。正しくは妙厳寺(みょうごんじ)というが、山門の守護神として祀(まつ)られた枳尼天(だきにてん)(稲荷神の本地仏)によって通常は豊川稲荷の名で知られる。1441年(嘉吉1)寒巌義尹(かんがんぎいん)の6代の法系である東海義易(とうかいぎえき)を開祖として創建。曹洞宗三賽(さんさい)所の一つ。伝えるところによれば、寒巌義尹は康元(こうげん)年間(1256~57)中国に渡って帰朝のおり、船に白狐(しろぎつね)に乗った枳尼天が現れ、守護を約束したので、帰朝後その姿を刻み、護法の善神として祀ったという。枳尼天像が祀られてから江戸末期以降の稲荷信仰の流行とともに参詣(さんけい)が多く、とくに織田信長、豊臣(とよとみ)秀吉、今川義元(よしもと)、徳川家康などの武将の帰依(きえ)を受けた。境内には山門、仏殿、枳尼天堂、三重塔、専門道場などがあり、書院西には江戸初期の築山(つきやま)泉水庭園がある。寺宝の木造地蔵菩薩立像2躯(く)は国重要文化財。なお、東京都港区元赤坂の豊川稲荷は当寺の別院である。[菅沼 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 愛知県豊川市にある曹洞宗の寺、妙厳寺(みょうごんじ)の通称。
[二] 東京都港区元赤坂にある妙厳寺別院の通称。大岡越前守忠相が勧請(かんじょう)したものと伝えられる。豊川稲荷東京別院。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊川稲荷の関連情報