コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊川稲荷 とよかわいなり

7件 の用語解説(豊川稲荷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊川稲荷
とよかわいなり

「妙厳寺 (みょうごんじ)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とよかわ‐いなり〔とよかは‐〕【豊川稲荷】

愛知県豊川市にある曹洞宗の寺、妙厳寺(みょうごんじ)の通称。山号は円福山。開創は嘉吉元年(1441)、開山は東海義易。義易が刻んだ仏法守護の吒枳尼天(だきにてん)稲荷本地仏)を安置したのが始まり。東京都港区赤坂豊川稲荷はその別院。平八郎稲荷

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

豊川稲荷【とよかわいなり】

妙厳寺(みょうごんじ)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

豊川稲荷

愛知県豊川市にある寺院。1441年創建。曹洞宗。本尊は千手観音。日本三大稲荷のひとつ。正式名は豐川閣妙嚴(とよかわかくみょうごん)寺。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とよかわいなり【豊川稲荷】

愛知県豊川市にある曹洞宗の円福山妙厳(みようごん)寺のことで,当寺にまつる鎮守稲荷社が信仰を集めて繁栄したことにより,豊川稲荷と呼ばれる。現在の豊川市はその門前町である。妙厳寺は,1441年(嘉吉1)に東海義易が開創した名刹で,1602年(慶長7)には朱印地45石を受けている。伝説によると,道元の弟子にあたる寒巌義尹(かんがんぎいん)が,康元年間(1256‐57)に入宋(につそう)して帰朝の途次,狐に乗った霊神が船上に現れて,自分は吒枳尼真天(だきにしんてん)であり,仏法を守護すると告げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とよかわいなり【豊川稲荷】

豊川市にある曹洞宗妙厳寺。本尊は千手観音菩薩。山門に荼枳尼天だきにてんがまつってあり、豊川稲荷の名で知られる。東京都港区赤坂にある豊川稲荷は、この別院。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊川稲荷
とよかわいなり

愛知県豊川市豊川町にある曹洞(そうとう)宗の寺。円福山(えんぷくざん)と号する。本尊は千手観音菩薩(せんじゅかんのんぼさつ)。正しくは妙厳寺(みょうごんじ)というが、山門の守護神として祀(まつ)られた枳尼天(だきにてん)(稲荷神の本地仏)によって通常は豊川稲荷の名で知られる。1441年(嘉吉1)寒巌義尹(かんがんぎいん)の6代の法系である東海義易(とうかいぎえき)を開祖として創建。曹洞宗三賽(さんさい)所の一つ。伝えるところによれば、寒巌義尹は康元(こうげん)年間(1256~57)中国に渡って帰朝のおり、船に白狐(しろぎつね)に乗った枳尼天が現れ、守護を約束したので、帰朝後その姿を刻み、護法の善神として祀ったという。枳尼天像が祀られてから江戸末期以降の稲荷信仰の流行とともに参詣(さんけい)が多く、とくに織田信長、豊臣(とよとみ)秀吉、今川義元(よしもと)、徳川家康などの武将の帰依(きえ)を受けた。境内には山門、仏殿、枳尼天堂、三重塔、専門道場などがあり、書院西には江戸初期の築山(つきやま)泉水庭園がある。寺宝の木造地蔵菩薩立像2躯(く)は国重要文化財。なお、東京都港区元赤坂の豊川稲荷は当寺の別院である。[菅沼 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊川稲荷の関連キーワード妙厳寺愛知県豊川市市田町愛知県豊川市上野愛知県豊川市国府町愛知県豊川市諏訪愛知県豊川市豊川町愛知県豊川市萩町愛知県豊川市御津町赤根愛知県豊川市森愛知県豊川市八幡町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊川稲荷の関連情報