コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸北 げいほく

4件 の用語解説(芸北の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芸北
げいほく

広島県北西部,北広島町北西部の旧町域。中国山地にある。 1956年八幡村,雄鹿原村,中野村,美和村の4村が合体して町制。 2005年大朝町,千代田町,豊平町の3町と合体して北広島町となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

芸北
げいほく

広島県北西部,旧安芸国北部をさす呼称。中心は安芸太田町加計特別名勝三段峡,冠山などの景勝地がある (→冠山山地 , 西中国山地国定公園 ) 。江戸時代から明治にかけてたたら鉄の生産地であり,和牛飼育や養蚕も行なわれたが,第2次世界大戦後,人口が流出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げい‐ほく【芸北】

広島県北西部の地域。安芸国北部に当たる。山地が大部分を占め、林業・酪農が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芸北
げいほく

広島県北西部、山県(やまがた)郡にあった旧町名(芸北町(ちょう))。現在は北広島(きたひろしま)町の一地区。旧芸北町は1956年(昭和31)八幡(やはた)、雄鹿原(おがはら)、中野、美和(みわ)の4村が合併して成立。2005年(平成17)大朝(おおあさ)、千代田(ちよだ)、豊平(とよひら)の3町と合併し、北広島町となる。国道186号、191号が通じる。旧町域は中国山地中にあり、北部は島根県に接す。大佐(おおさ)山、雲月(うんげつ)山、冠(かんむり)山など1000メートル級の山々が連なり、西中国山地国定公園となっている。林業と酪農が中心で、米作も行われ、近年では高冷地野菜の栽培が増えている。滝山川流域に王泊(おうどまり)貯水池、柴木(しわき)川流域に聖(ひじり)湖(樽床(たるどこ)貯水池)があり、聖湖近くには湖底に沈んだ樽床地区の民家を移築した芸北民俗博物館がある。中門造(ちゅうもんづくり)の民家は所蔵の山村生活用具とともに国の重要有形民俗文化財に指定されている。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芸北の関連キーワード東広島広島県安芸郡広島県安芸郡坂町広島県広島市安芸区瀬野広島県広島市安芸区中野広島県広島市安芸区畑賀広島県安芸郡府中町広島県広島市安芸区船越広島県広島市安芸区矢野西広島県山県郡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芸北の関連情報