コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸北 げいほく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芸北
げいほく

広島県北西部,北広島町北西部の旧町域。中国山地にある。 1956年八幡村,雄鹿原村,中野村,美和村の4村が合体して町制。 2005年大朝町,千代田町,豊平町の3町と合体して北広島町となった。地名は安芸国の北部を意味する。太田川の支流滝山川の上流域にあり,米と野菜を栽培,和牛の飼育も行なう。八幡高原や樽床ダム,国指定特別名勝の三段峡があり,スキー場も多い。芸北神楽や火の山踊りなど民俗芸能のふるさとでもある。芸北民俗博物館の樽床・八幡山村生活用具および民家は国の重要有形民俗文化財。島根県との県境付近の山地西中国山地国定公園に属する。

芸北
げいほく

広島県北西部,旧安芸国北部をさす呼称。中心は安芸太田町加計。特別名勝の三段峡,冠山などの景勝地がある (→冠山山地 , 西中国山地国定公園 ) 。江戸時代から明治にかけてたたら鉄の生産地であり,和牛飼育や養蚕も行なわれたが,第2次世界大戦後,人口が流出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げい‐ほく【芸北】

広島県北西部の地域。安芸国北部に当たる。山地が大部分を占め、林業酪農が盛ん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芸北
げいほく

広島県北西部、山県(やまがた)郡にあった旧町名(芸北町(ちょう))。現在は北広島(きたひろしま)町の一地区。旧芸北町は1956年(昭和31)八幡(やはた)、雄鹿原(おがはら)、中野、美和(みわ)の4村が合併して成立。2005年(平成17)大朝(おおあさ)、千代田(ちよだ)、豊平(とよひら)の3町と合併し、北広島町となる。国道186号、191号が通じる。旧町域は中国山地中にあり、北部は島根県に接す。大佐(おおさ)山、雲月(うんげつ)山、冠(かんむり)山など1000メートル級の山々が連なり、西中国山地国定公園となっている。林業と酪農が中心で、米作も行われ、近年では高冷地野菜の栽培が増えている。滝山川流域に王泊(おうどまり)貯水池、柴木(しわき)川流域に聖(ひじり)湖(樽床(たるどこ)貯水池)があり、聖湖近くには湖底に沈んだ樽床地区の民家を移築した芸北民俗博物館がある。中門造(ちゅうもんづくり)の民家は所蔵の山村生活用具とともに国の重要有形民俗文化財に指定されている。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

芸北の関連キーワード広島県山県郡北広島町西八幡原広島県山県郡北広島町千代田(広島県)芸北国際スキー場豊平どんぐり村吉川氏城館跡北広島(町)北広島[町]芸北[町]加計[町]一乗京子一乗玲子中国地方千代田町さんばい吉川元春祇園坊可愛川可部

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芸北の関連情報