コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田英二 とよだえいじ

4件 の用語解説(豊田英二の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

豊田英二

実業家。トヨタ自動車工業株式会社社長、会長、最高顧問、社団法人日本自動車工業会会長などを歴任した。1913年9月12日、愛知県西春日井郡金城村に織物実業家・豊田平吉の二男として生まれる。現トヨタグループの基礎を築いた豊田佐吉は伯父。36年、東京帝国大学工学部機械工学科を卒業後、豊田自動織機製作所に入社。翌年、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)の分離独立に伴い転籍した。45年、同社取締役に就任。常務、専務を歴任し、67年10月、社長に就任。以降、82年6月まで社長を務め、トヨタの代名詞ともなった生産革新「カンバン方式」の確立に携わり「トヨタ中興の祖」と呼ばれた。82年、豊田章一郎に社長職を譲り会長となる。92年、会長を退任、名誉会長となる。94年、米国自動車殿堂入り。95年、イギリス機械学会よりジェームズワット国際金賞を受賞。99年、米国の週刊誌「タイム」で「今世紀もっとも影響力のあったアジアの20人」の1人に選出された。99年以降、同社最高顧問。83年に勲一等瑞宝章を、90年に勲一等旭日大綬章を授賞。2010年2月より体調を崩し、13年9月17日、心不全で死去。享年100。

(2013-9-19)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とよだ‐えいじ【豊田英二】

[1913~2013]実業家。愛知の生まれ。佐吉の甥。昭和42年(1967)トヨタ自動車工業社長に就任。昭和57年(1982)よりトヨタ自動車会長。カンバン方式を確立し、自動車産業の発展に貢献した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

豊田英二【とよたえいじ】

実業家。トヨタ自動車工業株式会社社長(第5代),トヨタ自動車株式会社会長(初代)。愛知県西春日井郡金城村(現名古屋市西区)に豊田佐吉の弟豊田平吉の二男として生まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊田英二 とよだ-えいじ

1913-2013 昭和後期-平成時代の経営者。
大正2年9月12日生まれ。豊田佐吉の甥(おい)。昭和11年豊田自動織機に入社。自動車づくりに参画。トヨタ自動車工業創設とともにうつり,国産技術による生産を推進。42年社長となり,世界の自動車生産の10%を目ざす「グローバル10」をかかげ規模を拡大。トヨタ自動車販売との合併を実現して57年会長。平成4年取締役名誉会長,11年最高顧問。平成25年9月17日死去。100歳。日本自動車工業会会長,経団連副会長もつとめた。愛知県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

豊田英二の関連キーワードトヨタ自動車トヨタ車体日野自動車トヨタ自動車工業[株]トヨタ紡織セントラル自動車埼玉トヨタ自動車大阪トヨタ自動車奈良トヨタ自動車トヨタ自動車東日本

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊田英二の関連情報