コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞光[町] さだみつ

百科事典マイペディアの解説

貞光[町]【さだみつ】

徳島県中北部,美馬郡の旧町。主集落は吉野川南岸,貞光川との合流点付近の河岸段丘上にある。養鶏が農業の中心。木材タバコ集散地で,製材所もある。徳島線が通じ,剣山への登山口。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さだみつ【貞光[町]】

徳島県北西部,美馬郡の町。人口6529(1995)。吉野川中流部南岸にあり,貞光川が中央部を北流し,山地が町域の大部分を占める。市街地は吉野川と貞光川の合流点近くの河岸段丘上に発達した谷口集落で,古くから県西部における商業の中心地として栄えた。江戸時代中期,刻みタバコ製造が盛んとなり,1897年には県下初のタバコ収納所と刻みタバコ工場が誘致された。かつてタバコの農業生産額に占める割合は高かったが,近年はブロイラー生産が農業の主流をなし,米作,果樹栽培も行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

貞光[町]の関連キーワード吉野川(高知・徳島)