コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貧栄養湖 ひんえいようこoligotrophic lake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貧栄養湖
ひんえいようこ
oligotrophic lake

生物の成育に必要な栄養素の乏しい湖の意で,ここにいう栄養素は,おもに栄養塩類をさす。とりわけリン酸アンモニウム欠乏が,生物の盛んな成育を妨げていることが多い。山間の湖などには貧栄養湖が多く,水は清澄で,成育するプランクトンは主としてケイ藻類である。魚類としてはマスなどがすむが,やはり量は少い。田沢湖青木湖などは貧栄養湖の例である。しかし現在の日本では,湖辺の開発や観光施設からの流入物で,塩類が増し,富栄養化に向っている例も少くない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

貧栄養湖【ひんえいようこ】

湖沼型の一つで調和型に属する。栄養物質が全体に少なく生物生産の小さい湖。湖盆形態は水深大,湖棚の幅は狭く,深水層は表水層に比し容量大,水色は藍(あい)または緑色,透明度5m以上。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひんえいようこ【貧栄養湖】

水中の栄養塩類が少なく、プランクトンなどが少ない湖沼。水の色は藍色で透明度が高い。摩周湖・十和田湖など。 → 富栄養湖

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貧栄養湖
ひんえいようこ

リン、窒素などの栄養塩濃度が低く、生物生産力の低い調和型の湖。一般に水深が深く、表水層に比べて深水層の容積が大きい。湖棚(こだな)の幅は狭く、底泥中には有機物が少ない。底泥は珪藻骸泥(けいそうがいでい)が主であるが、堆積(たいせき)層は薄い。溶存酸素量は夏の成層期でも底層まで十分にあり、表層と底層間の濃度差も小さい。水素イオン濃度(pH)は中性付近で、腐植質、懸濁物質が少ないため透明度は高い。植物プランクトンは珪藻が主であるが、量は少ない。水生植物の分布は粗であるが、生育限界深度は深い。動物プランクトンも量は少なく、サヤツナギ、カメノコウワムシ、ケンミジンコがみられる。底生生物の種類は比較的多く、量もかならずしも少なくはないが、酸素要求量の高い種が多い。
 日本の代表的な貧栄養湖としては摩周湖(ましゅうこ)、十和田湖(とわだこ)などの深い湖があげられる。しかし、熱帯の場合には、深い湖で、かつ栄養塩濃度が低いにもかかわらず、生物生産力の高い湖(インドネシア、スマトラ島のトバ湖など)が存在する。[沖野外輝夫]
『沖野外輝夫・半田暢彦ほか著『湖沼調査法』(1987・古今書院) ▽飯田貞夫著『やさしい陸水学――地下水・河川・湖沼の環境』(1997・文化書房博文社) ▽沖野外輝夫著『湖沼の生態学』(2002・共立出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の貧栄養湖の言及

【湖沼】より

…沿岸帯では水草が繁茂している。これら二つの型の湖は,先に述べたタニタルサス型,キロノマス型にそれぞれあたり,今日では前者を貧栄養湖,後者を富栄養湖,両者の中間的性格の湖を中栄養湖と呼んでいる。このように,湖沼における植物の生産とその支配因子に注目して分けた湖の型を湖沼型lake typeという。…

【富栄養化】より

…元来は陸水学の用語。長い年月の間に貧栄養湖oligotrophic lakeが富栄養湖eutrophic lakeに移り変わっていく現象をいう。現在はより広義に,水域の種類にかかわりなく,水中の栄養塩濃度が増加し,水域の植物の生産活動が高くなっていく現象,いいかえると,貧栄養的水域が富栄養的になっていく現象を指す。…

※「貧栄養湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貧栄養湖の関連キーワード西湖(山梨県)カルデラ湖ドロワムシ指標動物倶多楽湖中禅寺湖富士五湖俱多楽湖支笏湖精進湖逆作用琵琶湖池田湖本栖湖然別湖洞爺湖淡水湖秋元湖菅沼西湖

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android