コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本論争 しほんろんそう

1件 の用語解説(資本論争の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しほんろんそう【資本論争】

過去の生産の成果である財の蓄積があることを条件として成り立つ生産を,資本を使用する生産という。道具,機械を用いる生産がその例である。また時間を要する生産も,生産過程を通じて生産物に加工される原材料と労働を養う生存資料の蓄積があらかじめなくてはならないから,やはり資本を使用する生産である。このような形態の生産について,資本とは何か,その量はどのように測られるか,利潤所得の根拠はどこにあるか,利潤の大きさは資本の使用とどのような関係があるか,などの問題について,D.リカード以来経済理論上の論争が絶えない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

資本論争の関連キーワード迂回生産限界効用資本財生産要素過去完了成果過去形てあ・る家禽工業生産の正味エネルギー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone