コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本論争 しほんろんそう

世界大百科事典 第2版の解説

しほんろんそう【資本論争】

過去の生産の成果である財の蓄積があることを条件として成り立つ生産を,資本を使用する生産という。道具,機械を用いる生産がその例である。また時間を要する生産も,生産過程を通じて生産物に加工される原材料と労働を養う生存資料の蓄積があらかじめなくてはならないから,やはり資本を使用する生産である。このような形態の生産について,資本とは何か,その量はどのように測られるか,利潤所得の根拠はどこにあるか,利潤の大きさは資本の使用とどのような関係があるか,などの問題について,D.リカード以来経済理論上の論争が絶えない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android