コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤倉温泉 あかくらおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤倉温泉
あかくらおんせん

山形県北東部,最上町にある温泉。標高 240mの地にあり小国川の清流にのぞむ保養地泉質硫酸塩泉泉温 47~68℃。湯量は豊富。大森山斜面にはスキー場がある。春は山菜,秋はキノコ狩りが楽しめ,小国川では釣りができる。寿合の荒沢不動の滝は景勝地。

赤倉温泉
あかくらおんせん

新潟県南西部,妙高市にある温泉。妙高山麓の標高 785mの高原上にある。温泉は文化 13 (1816) 年に高田藩主榊原遠江守が鷹狩本拠地として,妙高火山斜面に「妙高の湯」を開湯したのが始まり。泉質は硫黄泉。泉温は 62℃。外傷神経痛にきくといわれる。銀座スロープを中心とする国設赤倉温泉スキー場などがあり,登山,ハイキング,紅葉狩りなど一年中観光客が訪れる。妙高戸隠連山国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あかくら‐おんせん〔‐ヲンセン〕【赤倉温泉】

新潟県妙高山東麓(とうろく)にある温泉。文化12年(1815)高田藩主榊原(さかきばら)氏の開湯に始まるといわれる。泉質は炭酸水素塩泉硫酸塩泉。スキー場がある。
山形県北東部、最上(もがみ)町にある温泉。泉質は硫酸塩泉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あかくらおんせん【赤倉温泉】

山形県北東部、最上もがみ町にある温泉。石膏せつこう泉。最上川支流の小国おぐに川河畔にある。
新潟県南西部、妙高山東側中腹にある温泉。重炭酸土類泉。スキー場として名高い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕赤倉温泉(あかくらおんせん)


新潟県妙高(みょうこう)市、妙高山の東斜面にある行楽向きの温泉。妙高温泉郷の中心をなし、南方新赤倉温泉に分湯する。赤倉温泉スキー場は妙高高原を代表するスキー場で、その宿泊基地でもある。カルシウム・ナトリウム・マグネシウム‐硫酸塩・炭酸水素塩泉。泉温53.8℃。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

赤倉温泉の関連キーワードやまがた赤倉温泉スキー場最上小国川ダムの建設計画マルイアスプリングス山形県最上郡最上町赤倉温泉(山形県)赤倉温泉(新潟県)池ノ平[温泉]最上小国川ダム妙高高原[町]妙高高原〈町〉赤倉[温泉]新潟県妙高市榊原政令妙高温泉石膏

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤倉温泉の関連情報