コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農地調整法 ノウチチョウセイホウ

デジタル大辞泉の解説

のうちちょうせい‐ほう〔ノウチテウセイハフ〕【農地調整法】

地主と耕作者間の農地関係の調整を図るために昭和13年(1938)に制定された法律。第二次大戦後改正され、自作農創設特別措置法とともに農地改革基本法となった。同27年農地法に統合。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

農地調整法【のうちちょうせいほう】

自作農創設維持と小作争議沈静化を目的とした法律(1938年)。農地の取得は行政庁の認可を受けて地主との協議によるものとし,小作料の金納化,小作契約の書面化,小作調停,農地委員会等につき規定。
→関連項目農地委員会

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

のうちちょうせいほう【農地調整法】

地主・小作関係を調整して小作争議を抑制し、また農地の権利関係を統制して農業生産増進を図ろうとした法律。1938年(昭和13)制定。第二次大戦後、大改正により自作農創設特別措置法とともに農地改革の二大基本法とされた。52年農地法の制定により廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農地調整法
のうちちょうせいほう

第二次世界大戦前において、地主に対する小作人の権利(小作権)を初めて明文化した法律。1938年(昭和13)4月2日公布。内容は小作争議調停制度の強化と、食糧増産のための農地統制である。従来の小作調停法の当事者申立て主義を変更し、小作官、裁判所の職権調停を認めると同時に、自作農創設に際し地主に対し行政官庁、裁判所が土地譲渡の斡旋(あっせん)をなしうることを規定した。また未墾地に対して強制譲渡をなしうること、農地の賃貸契約は登記がなくとも第三者に対抗しうること、農地の賃貸借の解約および更新の拒絶を制限することなど、明治民法の地主的土地所有の絶対性に対して一定の法的制約を初めて規定した。敗戦後改正され、自作農創設特別措置法とともに農地改革の基本立法となった。1952年(昭和27)農地法制定により廃止された。[森 武麿]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の農地調整法の言及

【小作制度】より

… 小作問題に大きな変化を与えたのは戦時経済であった。国家総動員法と同じ1938年に制定された農地調整法は,土地処分に関する特別規定を含んでおり,地主の土地取上げが初めて制限された。民法の規定からようやく一歩前進したのである。…

※「農地調整法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

農地調整法の関連キーワード地主・小作関係地主組合耕作権地主制

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android