コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小作調停法 コサクチョウテイホウ

デジタル大辞泉の解説

こさくちょうてい‐ほう〔こサクテウテイハフ〕【小作調停法】

小作争議調停を目的として、大正13年(1924)に制定された法律。昭和26年(1951)民事調停法の成立により廃止。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

小作調停法【こさくちょうていほう】

大正中期以降激化する小作争議の対策として制定された法律(1924年)。争議が起こった場合,当事者地方裁判所等に調停を申し立てることができ,調停が成立すれば和解と同じく,双方を拘束する効力が生じた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こさくちょうていほう【小作調停法】

第1次大戦後激化した小作争議に対処するため1924年7月22日公布,12月1日施行された法律。当初は,小作争議がまだ激化していない諸県には適用されなかったが,29年以降,沖縄県をのぞく全府県で施行された。小作争議がおきた場合,当事者の申立てにより裁判所が調停をおこなう制度であり,調停が成立しさらに裁判所が認可した場合には裁判上の和解と同等の効力をもち,調停条項の不履行には強制執行がおこなわれることとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の小作調停法の言及

【小作制度】より

…しかしその法案要綱や草案は地主層の反対により,ついに小作権法認を含む小作法は成立しなかった。こうした改良主義的方向がつぶされると,逆に小作争議対策(抑制)法として小作調停法が制定された(1924)。これにより調停に農民組合が介入することが困難となり,地主側の争議対策に大きな力を発揮した。…

【法制史】より

…なお1919年に設置された臨時法制審議会が,法体制の再編成に重要な役割を果たした。さらに借地借家調停法(1922公布),小作調停法(1924公布),労働争議調停法(1926公布)などの調停法が,国家の後見的介入によって,社会関係の動揺に伴う紛争の解決を図った。他方,治安立法と社会政策立法は,25年の治安維持法や29年の救護法(施行は1932)などによって強化された。…

※「小作調停法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

小作調停法の関連キーワード大正デモクラシー地主・小作関係農地調整法農民運動地主組合農地改革農事調停小作官

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android