コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透明度[海水] とうめいど[かいすい]transparency of seawater

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

透明度[海水]
とうめいど[かいすい]
transparency of seawater

水中に白色円板を沈めたとき見えなくなる深さで定義する。透明度板を用いてはかる。透明度は海水の状態の総合的性質を表わすもので,粘土質のコロイド物質が多いと透明度が小さく,そのときは濁度計で清濁をはかることがある。外洋の海水は粘土などがなくても透明度に差があり,黒潮では透明度が 30~40mであるのに対し,親潮では 10~15mにすぎないのは,親潮にはプランクトンが多いことが主原因といわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone