透明度[海水](読み)とうめいど[かいすい](英語表記)transparency of seawater

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

透明度[海水]
とうめいど[かいすい]
transparency of seawater

水中に白色円板を沈めたとき見えなくなる深さで定義する。透明度板を用いてはかる。透明度海水の状態の総合的性質を表わすもので,粘土質のコロイド物質が多いと透明度が小さく,そのときは濁度計で清濁をはかることがある。外洋の海水は粘土などがなくても透明度に差があり,黒潮では透明度が 30~40mであるのに対し,親潮では 10~15mにすぎないのは,親潮にはプランクトンが多いことが主原因といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android