コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過敏症 かびんしょうhypersensitiveness

翻訳|hypersensitiveness

6件 の用語解説(過敏症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過敏症
かびんしょう
hypersensitiveness

感受性亢進のこと。普通は反応を示さない程度の弱い刺激に鋭敏に反応して,一定の症状を呈するような状態をいう。アレルギーアナフィラキシー特異体質などが含まれる。アレルギーと同義に用いられることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かびん‐しょう〔クワビンシヤウ〕【過敏症】

普通は無害な花粉・粉塵(ふんじん)・薬品の特定の因子に敏感に反応し、身体の異常を起こす状態。アレルギー体質に多い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

過敏症

 通常は反応しない因子に対して過剰に反応する体質.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かびんしょう【過敏症 hypersensitivity】

広義には,ある物質が生体内に入った場合,生体がその物質に対して〈異常な反応(質的にも量的にも)〉を起こす場合をいい,狭義には免疫学的機序によると思われる異常反応をいう。一般にいう過敏症は,狭義の場合を指すことが多い。質的な異常反応は大きく次の三つに区別することができる。すなわち,(1)薬物に対する中毒作用,(2)薬理作用として普通では反応しない少量の物質(薬物など)に対して反応を示すこと,(3)免疫学的にアレルギーとしてあらわれてくる場合である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かびんしょう【過敏症】

普通では反応を示さない弱い刺激に対し、特定の条件下で過敏に反応する症状。血清注射によるショック死の例など。アレルギー体質による反応性の過度となったものとされる。アナフィラキシーはこの一型。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過敏症
かびんしょう
hypersensitivity

語義的には、生体の刺激に対する感受性が亢進(こうしん)し、正常な個体ではなんらの反応も示さない弱い刺激に対して特定の個体が示す異常に強い反応性を意味するが、通常、アレルギーと同義語として用いられる。たとえば、即時型アレルギーを即時型過敏症、遅延型アレルギーを遅延型過敏症のように用いる。[高橋昭三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の過敏症の言及

【薬物過敏症】より

…被投与者の体質上の異常が根底にあって発生する場合が多い。19世紀末にE.vonベーリングが,動物に細菌の毒素をくりかえし注射していくと,ときに致死量以下のごく少量の毒素の注射で激しいショック症状をおこすことを観察し,それは動物がその毒素に対して過敏になっているためと考え,その状態をhypersensitivity(過敏状態。ドイツ語ではÜberempfindlichkeit)と名づけた。…

※「過敏症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

過敏症の関連情報