コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道性(3) どうしょう

1件 の用語解説(道性(3)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道性(3) どうしょう

1278-? 鎌倉時代の僧,歌人。
弘安(こうあん)元年生まれ。亀山天皇の皇子。真言宗。仁和(にんな)寺の法助より灌頂(かんじょう)をうけ,仁和寺の西院と蓮華光院(れんげこういん)をつぐ。のち醍醐寺座主(ざす),三宝院門跡。権大僧正。閼伽井宮(あかいのみや),安井宮,西院僧正などと称された。「新後撰和歌集」以下に歌がおさめられている。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道性(3)の関連キーワード弘安建治弘安虎関師錬西明寺大慈寺文観ルドルフ[1世]安達泰盛栄海

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone