コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

達成動機(読み)たっせいどうき(英語表記)achievement motive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

達成動機
たっせいどうき
achievement motive

ある程度高い目標を掲げ,障害を克服してその目標の完遂に努力しようとする動機。アメリカの心理学者 D.マックレランドらにより研究が進められ,達成動機の高い者の心的特徴が調べられた。またこれは,社会的動機の一つであって,社会が経済的に成長,繁栄するには社会の人々の達成動機が高められていることが前提となると考えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

達成動機

やりがいのあること(目標)を成し遂げたいという動機。 J.W.アトキンソンは、達成動機の強さは、「動機」「期待」「誘因」の三つの要因によって規定されるとしている。(達成動機の強さ= 達成したいという動機 × 主観的成功確率×目標の魅力・誘因) 一般に、「現状では難しいが、がんばればなんとか達成できるかもしれない」と思える程度の目標に対して達成動機が高まるとされる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

たっせいどうき【達成動機】

〘心〙 困難な物事を迅速かつ立派にやりとげるために努力しようとする動機。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報