鄒衍・騶衍(読み)すうえん

精選版 日本国語大辞典「鄒衍・騶衍」の解説

すう‐えん【鄒衍・騶衍】

中国、戦国時代斉の思想家。山東臨淄(りんし)の人。孟子の影響を受けて陰陽五行説を唱えた。はじめ慎到、淳于(じゅんうこん)らと稷下(しょっか)に集まり、稷下の学士となる。後、昭王師事を受けたが、昭王が崩じ、恵王となると捕らえられ、に下された。(前三〇五頃‐前二四〇頃

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android