れろれろ

精選版 日本国語大辞典「れろれろ」の解説

れろ‐れろ

[1] 〘〙 (多く「と」を伴って用いる)
がもつれて発音が不明瞭なさまを表わす語。
※銀二郎の片腕(1917)〈里見弴〉「舌が一寸ほどの厚さもあるかと思はれるやうな重くるしい調子で、レロレロとわけのわからぬことを呟く舅に」
幼児をあやすのに、舌で上顎をはじいて音をたてるさまを表わす語。
※俳諧・反故集(1696)下「遼来々々(レロレロ)小児泣詞也」
[2] 〘形動〙
① 酒の酔いや麻痺などで、舌がもつれて何を言っているのかよくわからないさま。
※俳諧・崑山集(1651)一二「ゆふれるはしくれろれろの小春哉〈政信〉」
② 幼児の舌のよく回らないさま。転じて、その真似をして幼児をあやすさま。
※俳諧・新続犬筑波集(1660)一「たるるよたれの糸の長日 青やきのみとり子おもふれろれろに〈季吟〉」
[3] 〘名〙
① 酔ったりして舌がもつれ、はっきりものが言えないこと。また、幼児をあやすのに(一)②のようにすること。また、その人。
※俳諧・桜川(1674)春二「れろれろをするや姫ももの酒のえひ〈季吟〉」
② 嗽(うがい)をすること。
雑俳・田みの笠(1700)「ぬけにけり・れろれろをする(ねぶか)汁」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「れろれろ」の解説

れろ‐れろ

[副]
舌がもつれ発音がはっきりできないさま。「泥酔してれろれろ言う」
幼児をあやすのに、舌で上あごをはじいて出す音や、そのさまを表す語。「れろれろばあ」
[形動]に同じ。「寒さに麻痺(まひ)して舌がれろれろになる」
アクセントロレロ、はレロレロ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android