れろれろ(読み)レロレロ

デジタル大辞泉の解説

れろ‐れろ

[副]
舌がもつれ発音がはっきりできないさま。「泥酔してれろれろ言う」
幼児をあやすのに、舌で上あごをはじいて出す音や、そのさまを表す語。「れろれろばあ」
[形動]に同じ。「寒さに麻痺(まひ)して舌がれろれろになる」
[アクセント]ロレロ、はレロレロ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れろれろ

[1] ( 副 )
発音が明瞭でないさま。ろれつが回らないさま。 「酔って-言っている」
[0] ( 形動 )
に同じ。 「言葉が-になる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れろ‐れろ

[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
がもつれて発音が不明瞭なさまを表わす語。
※銀二郎の片腕(1917)〈里見弴〉「舌が一寸ほどの厚さもあるかと思はれるやうな重くるしい調子で、レロレロとわけのわからぬことを呟く舅に」
幼児をあやすのに、舌で上顎をはじいて音をたてるさまを表わす語。
俳諧・反故集(1696)下「遼来々々(レロレロ)小児泣詞也」
[2] 〘形動〙
① 酒の酔いや麻痺などで、舌がもつれて何を言っているのかよくわからないさま。
※俳諧・崑山集(1651)一二「ゆふれるはしくれろれろの小春哉〈政信〉」
② 幼児の舌のよく回らないさま。転じて、その真似をして幼児をあやすさま。
※俳諧・新続犬筑波集(1660)一「たるるよたれの糸の長日 青やきのみとり子おもふれろれろに〈季吟〉」
[3] 〘名〙
① 酔ったりして舌がもつれ、はっきりものが言えないこと。また、幼児をあやすのに(一)②のようにすること。また、その人。
※俳諧・桜川(1674)春二「れろれろをするや姫ももの酒のえひ〈季吟〉」
② 嗽(うがい)をすること。
※雑俳・田みの笠(1700)「ぬけにけり・れろれろをする葱(ねぶか)汁」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android