大酔(読み)たいすい

精選版 日本国語大辞典「大酔」の解説

たい‐すい【大酔】

〙 ひどく酔っぱらうこと。
※玉塵抄(1563)四七「いたづらにあそびをなし大酔をして学問をばすさみおこたって生た時は」 〔史記‐倉公伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大酔」の解説

たい‐すい【大酔】

[名](スル)ひどく酒に酔うこと。
「軍服を着た兵士が、それこそ―して」〈宮本伸子
[類語]酩酊泥酔大酒酔う酔っ払う出来上がる沈酔する乱酔する飲まれるとらになる酒気を帯びる微醺びくんを帯びる酔い潰れるぐでんぐでんべろべろべろんべろんへべれけれろれろ悪酔い酔態酒乱酔眼酔眼朦朧もうろうさか焼けほろ酔い生酔い微酔酔狂酔歩呂律ろれつが回らない千鳥足目が据わるメートルを上げる宿酔二日酔い酔いどれ酔っ払い大虎おおとら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「大酔」の解説

【大酔】たいすい

泥酔する。

字通「大」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android