コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重国籍 ジュウコクセキ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐こくせき〔ヂユウ‐〕【重国籍】

二重国籍

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうこくせき【重国籍 double nationality】

同一の人が複数の国籍をもつこと。国籍の決定は国際法上原則として国内管轄事項とされ,各国の国籍法の規定が異なる結果,国籍の抵触が発生する。国籍の積極的抵触の場合が重国籍である。たとえば,出生による国籍の取得について血統主義を採る国の国民の子で,生地主義を採る国の領域内で生まれたものは,両国の国籍を取得し重国籍となる。重国籍は,種々の点で不都合な結果をもたらす。たとえば兵役義務の履行を複数の国家から要求されることがあり,また重国籍者に対する外交保護権の行使については,問題を生ずることがある(後述)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重国籍
じゅうこくせき

国籍」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重国籍
じゅうこくせき

個人が同時に二つ以上の国籍をもつこと。国籍の積極的衝突(抵触)または二重国籍ともいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の重国籍の言及

【国籍】より

…国籍唯一の原則とは,理想として人は必ず一つの国籍をもち,かつ唯一の国籍をもつべきであるということである。国籍の得喪に関する各国の原則が異なる結果,一人で複数の国籍をもつ場合(重国籍,ほとんどの場合二重国籍)またはいずれの国籍をももたない場合(無国籍)が生ずる。しかしこのような国籍の抵触は不都合な結果をもたらすので,できるだけこれを避けるべきであると従来考えられている。…

※「重国籍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

重国籍の関連キーワードサイモン ホイットフィールドインターナショナルスクールロバート・ジョン オーマン国籍法の抵触に関する条約サロメ ズラビシュヴィリアレックス・ロドリゲスゴンサロ イグアインエスクデロ・セルヒオカイリー アービングクラウディオ ピサロエドガー ゴンザレスダヴィド トレゼゲエマニュエル パユジュゼッペ ロッシハビエル サビオラエレナ ドキッチメスト エジルアメラジアンアマリージャスバンドリオ

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重国籍の関連情報