コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金子大栄 かねこ だいえい

4件 の用語解説(金子大栄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

金子大栄

仏教学者・浄土真宗大谷派の僧。新潟県生。真宗大卒。清沢満之設立の浩々洞に入って、精神主義を継承。曽我量深とも親交が深く、共に真宗教学の普及に尽力した。大谷大学名誉教授。京都に住した。著書は『教行信証講読』など多数。昭和51年(1976)寂、96才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金子大栄 かねこ-だいえい

1881-1976 明治-昭和時代の仏教学者,僧。
明治14年5月3日生まれ。真宗大谷派。真宗大(現大谷大)卒業後,生地の新潟県で布教にあたる。大正4年清沢満之(まんし)の「精神界」の編集責任者となる。5年母校の教授に就任。昭和3年刊行の著書「浄土の観念」が問題となって職を解かれ,僧籍も剥奪(はくだつ)されたが,17年宗門,大学に復帰。46年侍董寮頭。昭和51年10月20日死去。95歳。著作はほかに「仏教概論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金子大栄
かねこだいえい

[生]1881.1.3. 新潟
[没]1976.10.20. 京都
真宗大谷派の僧。 1904年真宗大学卒業。 16年大谷大学教授となったが,著書『浄土の観念』により異端視され辞任,のち復帰した。難解な仏教,特に真宗の教えを現代人にわかりやすく説いた。著書『仏教概論』 (1947) ,『仏教の諸問題』『彼岸の世界』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金子大栄
かねこだいえい
(1881―1976)

明治~昭和期の真宗大谷派の僧。新潟県高田(上越市)の最賢寺(さいけんじ)に生まれる。1899年(明治32)に真宗大学(現大谷大学)の予科に入学。華厳(けごん)を学んだ。卒業後は高田に帰り、布教にあたるとともに、清沢満之(きよざわまんし)の始めた『精神界』の原稿執筆にあたっていたが、1915年(大正4)から同誌の編集責任者となった。翌16年には京都の真宗大谷大学の教授に就任。しかし28年(昭和3)に、著書『如来及び浄土の観念』『浄土の観念』が異安心の書として糾弾され、大谷大学教授を免ぜられ、翌年僧籍を剥奪(はくだつ)された。その後は広島文理科大学に招かれて教壇に立つとともに、曽我量深(そがりょうじん)らと京都に興法学園を開き、宗派を超えて学生の指導にあたった。著書には『仏教概論』ほか多数ある。[北西 弘]
『寺田正勝他編『金子大栄著作集』全12巻・別巻4(1977~86・春秋社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone