コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金峰[町] きんぽう

百科事典マイペディアの解説

金峰[町]【きんぽう】

鹿児島県薩摩半島西部,日置郡の旧町。半島南部の先進農業地域で,低地での米作吹上浜砂丘でのラッキョウ,白ネギなどの野菜栽培,台地上でのサツマイモ・葉タバコ栽培が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんぽう【金峰[町]】

鹿児島県南西部,日置郡の町。人口8728(1995)。薩摩半島中央部に位置し,東は鹿児島市に接する。東部は山地で,西に向かってシラス台地沖積低地吹上浜の海岸砂丘と続く。海岸は吹上浜県立自然公園に属し,金峰山が町の中央にある。堀川,境川などが作った沖積低地の早期米作を中心に,台地上ではカンショ,タバコの栽培などが行われ,ハウス野菜の生産にも力が注がれている。市街地は未発達で,南隣の加世田市の商圏に属している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金峰[町]の関連情報