コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金蔵山古墳 かなくらやまこふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金蔵山古墳
かなくらやまこふん

岡山県岡山市中区にある全長約 165mの前方後円墳。後円部に方形の埴輪列に囲まれた 2個の竪穴式石室があり,その一つには副室があり,その中から鉄製品が納められた土製の合子(ごうす。筒形のふた付き容器)4個が発見された。そのほか,鉄製の農工具,漁具,武器,勾玉などのほか,形象埴輪(→埴輪),石製模造品が出土している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かなくらやまこふん【金蔵山古墳】

岡山市沢田に所在する前方後円墳。旭川東岸の操山山塊上に北北西面して築かれる。全長165m,後円部径110m,前方部幅72mをはかる。葺石(ふきいし),埴輪を有する。1952年,倉敷考古館発掘調査を行い,後円部墳頂で,古墳主軸に直交する竪穴式石室2基を検出した。両石室は頂部にそれぞれ方形基壇をそなえ,基壇の内側に埴輪列がめぐる。中央石室から玉類,鍬形石,刀剣,鉄鏃,短甲,筒形銅器などが,南石室から仿製鏡,櫛,鉄鏃などが出土した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金蔵山古墳
かなくらやまこふん

岡山市中区沢田にある全長160メートル余の5世紀初頭ころとみられる前方後円墳。岡山市街地の東部で東西に細長い操山(みさおやま)の中ほど、標高115メートルの頂上にあり、1953年(昭和28)倉敷考古館が後円部頂を調査し、発見された2基の竪穴(たてあな)式石室は既掘を受けていたが、そのうちの1基に付設された小形の副石室は完存し、農・工・漁具と武器など多数の鉄器を納めた埴輪(はにわ)質合子(ごうす)4個があった。これは、前半期大形古墳の鉄器副葬状況と各種鉄器の形状を知る重要資料となった。また、2基の竪穴式石室をそれぞれ方形に取り囲んで配列された埴輪の樹立のあり方と、そのうちに含まれた盾形、蓋(きぬがさ)形などの形象埴輪は、この時期の古墳研究上注目される。[間壁忠彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

金蔵山古墳の関連キーワード寺野東遺跡金蔵山古墳クイアバパリクティン[山]大御堂廃寺跡軽里大塚古墳櫛山古墳中宮寺跡アルバ御荘

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone