コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木三郎助(2代) すずき さぶろうすけ

2件 の用語解説(鈴木三郎助(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木三郎助(2代) すずき-さぶろうすけ

1868*-1931 明治-昭和時代前期の実業家。
慶応3年12月27日生まれ。ヨード製造業をへて,明治41年池田菊苗(きくなえ)が発明した新調味料の特許権共有者となり,翌年工業化し「味の素」として発売。大正14年鈴木商店(現味の素)を設立。森矗昶(のぶてる)と昭和肥料(現昭和電工)創立につくした。昭和6年3月29日死去。65歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。幼名は泰助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴木三郎助(2代)

没年:昭和6.3.29(1931)
生年:慶応3.12.27(1868.1.21)
明治大正期の実業家。味の素の創設者。相模国(神奈川県)三浦郡堀内村の米酒商人鈴木三郎助(初代)の長男。幼名泰助,のち三郎助を襲名。父が早世したので母なかに育てられ,堀内小学校,耕余塾に学び,米酒問屋に奉公後,家業を継いだが米相場で失敗し,明治20(1887)年,葉山で海草からヨードを製造する事業を起こした。40年に日本化学工業創立に参加したが,41年初めにグルタミン酸ソーダの発明者池田菊苗と知り合い,特許権を共有登録して同年12月から逗子工場で工業化に着手した。苦心の末,常滑産の道明寺甕を利用して小麦の麸を塩酸で分解する製法を完成させた。池田が「味精」と名付けた新調味料を「味の素」と命名して,42年5月から発売を開始した。 家庭の主婦が瓶を持った図に「味の素」の文字を入れたいわゆる「美人商標」を登録し,新聞広告,チラシ,市内電車内広告から,楽隊を先頭に旗をたてて街を練り歩く街頭宣伝までの斬新な宣伝活動を展開した。工場公害問題や原料が蛇だというデマなどに悩まされながら,味の素の販路開拓に成功した。大正3(1914)年から川崎工場の操業を開始し,14年には合資会社鈴木商店を株式会社鈴木商店に改組した(味の素株式会社となったのは1946年)。アジアはもとより大正9年にはアメリカにも子会社を設立するなど積極的な海外戦略も展開した。新商品に着目し,新しいマーケティング手法で市場を開拓した日本の代表的なアントルプルヌア(企業者)のひとりである。<参考文献>故鈴木三郎助君伝記編纂委員会編『鈴木三郎助伝』,石川悌次郎『鈴木三郎助伝・森矗昶伝』

(三和良一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木三郎助(2代)の関連キーワード天野清兵衛梅谷精一小野金六川崎芳太郎阪本仙次捧吉右衛門鈴木三郎助(3代)高橋是福谷謹一郎米井源治郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone