コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅臭 ドウシュウ

デジタル大辞泉の解説

どう‐しゅう〔‐シウ〕【銅臭】

銭のもつ悪の意》金銭をむさぼり、また、金銭によって官位を得るなど、金力にまかせた処世を卑しむ語。後漢の崔烈(さいれつ)が銭五百万を使って大司徒にのぼったとき、子の鈞に世間の自分に対する評判を聞くと、鈞は「論者は、その銅臭を嫌う」と答えたという「後漢書」崔寔伝の故事による。「銅臭ふんぷんの政治家」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうしゅう【銅臭】

〔後漢書 崔寔伝
銅貨の悪臭の意で、金銭欲、またそれにとらわれた行為を侮蔑的にいう語。 「其勧化の仕方の-に富んだのを見て/一隅より 晶子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

銅臭の関連キーワード臭・修・収・周・囚・執・宗・就・州・愁・拾・收・洲・皺・祝・秀・秋・終・繍・繡・羞・習・聚・臭・舟・蒐・衆・袖・褶・襲・讐・蹴・輯・週・酬・醜・集・驟標置鬼嚇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android