コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きり

7件 の用語解説(錐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


きり

物に穴をあける工具。石器時代には石錐でじょうご形に穿孔したものが多いが,鳥骨や篠竹などの管状器具を回転させ,朱や砂などを媒材とする方法もあったらしい。回転を与えるには,直接手で回したり,もんだりする方法と,弓を使う舞鑽法とがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きり【×錐】

板材などに穴をあける工具。三つ目錐・四つ目錐・壺錐(つぼぎり)などがある。
弓を射て、前の矢の当たった的の穴に、後の矢が当たること。

すい【錐】[漢字項目]

人名用漢字] [音]スイ(呉)(漢) [訓]きり
工具の一。きり。「錐状立錐
先端がとがった形の立体。「錐体円錐角錐三角錐

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

錐【きり】

木工具の一つ。小さい穴をあける四つ目錐,深穴もみに使用される三つ目錐,外周の定まった丸穴をあける壺(つぼ)錐,硬材・竹用などの鼠(ねずみ)歯錐などがある。→ドリル(工具)
→関連項目木工具

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きり【錐】

穿孔用の道具。左右両方向に交互に回すもの,1方向のみに回すもの,突き引く動作を反復するものの3種類がある。両方向回転の錐では,古代エジプトローマ,現代の中国,インド西アジア北アメリカ北部(エスキモー)におけるように弓錐(ボウ・ドリル)が一般的で,日本のように素手で回す舞錐は世界的にも珍しい。1方向回転の錐はヨーロッパで中世に登場した。コの字形に張り出した柄を右手で回し,柄頭の軸受を左手で支える構造の曲り柄錐(ブレースアンドビット)で,現在も欧米の錐を代表する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きり【錐】

板などに小穴をあけるための道具。先のとがった細い鉄の棒を木の柄につけたもの。 「 -をもむ」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

きり【錐】

板などに穴を開けるための工具。細く先端のとがった鉄棒に柄がついており、比較的小さな穴を開ける際に使用する。突くだけの突ききり、柄をもむようにして回転させるもみきり、1方向に回転させる回転きりなど。

出典|講談社
家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【ドリル】より

…工作物に穴をあけるために用いられる切削工具。錐(きり)と同義であるが,錐という場合には木工用の大工道具を指すことが多い。正確かつ能率よく穴を加工するため,ドリルは特殊な形状をしているが,穴の底で削り出された切りくずが容易に排出されるように,ドリル本体に2本のねじれみぞを設けたツイストドリル(ねじれ錐)がもっとも一般的である(図1)。…

※「錐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

錐の関連情報