コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤスリ

デジタル大辞泉の解説

やすり【×鑢】

棒状や板状の鋼鉄の面に、細かい溝を多数刻み付けて切り刃をつくった切削工具。手仕上げで工作物の表面を平らにしたり、角(かど)を落としたりするのに用いる。俗には、紙やすりのような研磨具も含めていうことがある。「をかける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やすり【鑢】

はがねの表面に細かい溝を刻み、焼き入れした工具。工作物の面を平らに削ったり、角かどを落としたりするのに用いる。形や目の切り方などによりいろいろ種類がある。 「 -をかける」
謄写とうしや版の原紙を切る下敷。板状の鋼をやすりにしたてたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鑢の関連キーワードマクドナルド(Philip MacDonald)エヌアイシ・オートテックフィリップ マクドナルドシチズンマシナリーミヤノ田儀櫻井家たたら製鉄遺跡日本刀の用語西村清狂鹿角細工平田彦三在来産業沃懸地透彫り平目粉やすり丸子城蒔絵粉目立て葛山城末金鏤道具

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鑢の関連情報