(読み)やすり

精選版 日本国語大辞典「鑢」の解説

やすり【鑢】

〘名〙
棒状または板状の表面に鋭く突起する多数の細かい凹凸をつけて焼き入れした工具。工作物の表面を削って平らにしたり、所要の形にしたりする仕上げ作業に用いる。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
※七十一番職人歌合(1500頃か)一番「恨めしや人の心のあらやすりひかきめにだにのぞかれぬ哉」
浄瑠璃・新うすゆき物語(1741)上「鑢(ヤスリ)に取ては鏟目(せんめ)直違(すぢかひ)横やすり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鑢」の解説

やすり【×鑢】

棒状や板状の鋼鉄の面に、細かい溝を多数刻み付けて切り刃をつくった切削工具。手仕上げで工作物の表面を平らにしたり、かどを落としたりするのに用いる。俗には、紙やすりのような研磨具も含めていうことがある。「をかける」
[類語]紙やすりサンドペーパー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android