コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長久手[町] ながくて

百科事典マイペディアの解説

長久手[町]【ながくて】

愛知県中部,愛知郡の旧町。尾張丘陵中にあり,愛知用水が町域を南北に,東部丘陵線(リニモ)が東西に通じる。名古屋市の東に接し,丘陵地の宅地化が著しく,名古屋市内への通勤者が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながくて【長久手[町]】

愛知県中部,愛知郡の町。人口3万8490(1995)。尾張丘陵にあり名古屋市に接する。中心の岩作(やざこ),その西の長湫(ながくて)の一帯は1584年(天正12)の小牧・長久手の戦の古戦場(史)。近郊農村地帯であったが,1965年ごろから丘陵の住宅地化が本格的になって人口が増加,県立愛知芸術大学,愛知医科大学も進出した。町の中央部を愛知用水が南流し,県の農業総合試験場がある。【萩原 毅】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

長久手[町]の関連キーワード小牧・長久手の戦愛知万博

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android