コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長勝寺遺跡 ちょうしょうじいせき

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうしょうじいせき【長勝寺遺跡】

鎌倉市材木座4丁目の日蓮宗長勝寺境内に所在する,13世紀後半から16世紀ころまでの複合遺跡。最上遺構は室町時代の土坑墓群で,その数は約20基に及び,方形あるいは隅丸方形などの土坑の中に横向きに膝を抱え込んだ横臥屈葬の埋葬がみられる。副葬品はほとんどないが,六道銭は納められている。遺骨の大部分は北枕西面であるが,まれに向きの異なるものがあり,その場合には遺骨の上に石やかわらけなどがのせられている。特殊な死因によるものではないかと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android