コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長南[町] ちょうなん

百科事典マイペディアの解説

長南[町]【ちょうなん】

千葉県中部,長生(ちょうせい)郡の町。大部分は丘陵地で林野が多い。主集落は近世初期の城下町,のち市場町として発達。稲作を中心とし,畑作も行う。工業団地があり,企業の誘致を推進している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうなん【長南[町]】

千葉県中部,長生郡の町。人口1万1339(1995)。房総丘陵北部の山間にあり,一宮(いちのみや)川の上流域を占める。中心集落の長南(庁南)は江戸時代には市場町として栄えたが,現在,商業はふるわない。主産業は農林業で,米作が中心。シイタケなども産する。南部に工業団地がある。市原市など京葉工業地域への通勤者も多い。天台宗の長福寿寺,笠森寺(笠森観音)など古刹(こさつ)が多く,笠森寺の観音堂(重要文化財)は四方懸崖造という特異な建築様式で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長南[町]の関連情報