コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎原爆資料館 ナガサキゲンバクシリョウカン

デジタル大辞泉の解説

ながさき‐げんばくしりょうかん〔‐ゲンバクシレウクワン〕【長崎原爆資料館】

長崎に投下された原子爆弾による被害を示す資料を展示する施設。平成8年(1996)、それまで被爆資料の展示などをしていた長崎国際文化会館を建て替えて開館

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の美術館・博物館INDEXの解説

ながさきげんばくしりょうかん 【長崎原爆資料館】

長崎県長崎市にある歴史博物館。平成8年(1996)被爆50周年事業の一環として創立。原爆投下までの経緯、被爆の惨状、現代の核兵器の情報などを紹介する。長崎平和公園内にある。前身は昭和30年(1955)開設の「長崎国際文化会館」。
URL:http://www.city.nagasaki.lg.jp/peace/japanese/abm/
住所:〒852-8117 長崎県長崎市平野町7-8
電話:095-844-1231

出典|講談社日本の美術館・博物館INDEXについて | 情報

長崎原爆資料館の関連キーワード国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館国際平和公園原爆資料館浦上天主堂長崎(市)平和案内人戦争博物館浦上

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長崎原爆資料館の関連情報