遮る(読み)サエギル

デジタル大辞泉「遮る」の解説

さえ‐ぎ・る【遮る】

[動ラ五(四)]《「さいぎ(遮)る」の音変化》
間に隔てになるものを置いて、向こうを見えなくする。「幕で―・る」「木々に太陽光線が―・られる」
進行・行動を邪魔してやめさせる。妨げる。「発言を―・る」
[補説]「さえ」を「へ」とみて、歴史的仮名遣いを「さへぎる」とする説が多かったが、中古の諸例は「さいぎる」とあるところなどから、現在では、その音変化とみるのが妥当と考えられている。
[可能]さえぎれる
[類語](1隠す包み隠す押し隠す覆い隠す覆うくらます潜める忍ばせるかくまう隠し立てひた隠し隠蔽隠匿秘匿塞ぐ閉ざす閉める閉じるたてる閉め切るふうずるはば遮断する封鎖する閉鎖する閉塞へいそくする/(2妨げる抑える立ち塞がるせきとめる阻む食い止める立ちはだかる制止遮断妨害阻止押しとどめるストップを掛ける掣肘せいちゅう封殺諫止挫く弱める砕く邪魔妨害阻害そがい干渉横槍よこやり障害支障障壁さわ邪魔だて水を差す水をかける足を引っ張る削ぐ圧伏圧殺捕まえる握る挟むブレーキが掛かる腰を折る

さい‐ぎ・る【遮る】

[動ラ四]《「さききる」の音変化》「さえぎる」の古形
「毛野の臣軍を―・り」〈継体紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android