コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遮る サイギル

4件 の用語解説(遮るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さい‐ぎ・る【遮る】

[動ラ四]《「さききる」の音変化》「さえぎる」の古形。
「毛野の臣軍を―・り」〈継体紀〉

さえ‐ぎ・る【遮る】

[動ラ五(四)]《「さいぎ(遮)る」の音変化》
間に隔てになるものを置いて、向こうを見えなくする。「幕で―・る」「木々に太陽光線が―・られる」
進行・行動を邪魔してやめさせる。妨げる。「発言を―・る」
[補説]「さえ」を「障(さ)へ」とみて、歴史的仮名遣いを「さへぎる」とする説が多かったが、中古の諸例は「さいぎる」とあるところなどから、現在では、その音変化とみるのが妥当と考えられている。
[可能]さえぎれる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さいぎる【遮る】

( 動四 )
〔「先切さききる」の転。「さえぎる」の古形〕
行く手をふさぐ。 「毛野臣の軍を-・りて/日本書紀 継体訓
先立つ。 「 - ・ッテ御状ニ預カル/日葡」

さえぎる【遮る】

( 動五[四] )
〔「さいぎる」の転〕
進路や人の話を途中で妨げて、先へ進ませないようにする。 「黒い車が行く手を-・った」 「相手の言葉を-・る」
光の照射や視界をじゃまする。さまたげる。 「隣のビルに視界を-・られる」
先立つ。 「此方より-・つて博多へ寄せて/太平記 11
[可能] さえぎれる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遮るの関連キーワード要る熟る突っ切る引っ括る掘るがな・る聞入るせび・るネグ・るはぐ・る

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遮るの関連情報