コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立てる タテル

デジタル大辞泉の解説

た・てる【立てる】

[動タ下一][文]た・つ[タ下二]
ある場所にものを縦にして位置させる。
㋐起き立った状態にする。「書棚に本を―・てる」
㋑長いものを直立させて据える。「煙突を―・てる」「屏風(びょうぶ)を―・てる」
㋒とがったものを刺し込む。「猫がつめを―・てる」
㋓突き上がった形のものをつくる。「けばを―・てる」「角を―・てる」
座ったり横になったりしているものを起こす。「片ひざを―・てる」「襟を―・てる」
ある現象や作用を目立たせたり生じさせたりする。
㋐煙や蒸気などを立ちのぼらせる。「湯気を―・てる」
㋑風・波などを起こす。「白波を―・てて走る」
人を差し向ける。出発させる。「使いを―・てる」
表明した決意で身を律する。「誓いを―・てる」「願を―・てる」
(「閉てる」とも書く)戸や障子をしめる。「ぴったり襖(ふすま)を―・てる」

㋐ある立場や状況に置く。「間に人を―・てて交渉する」
㋑重要な役目・地位につかせる。「証人に―・てる」「候補に―・てる」
㋒高位につかせる。「后に―・てる」
度合いを強めて、明らかにする。
㋐はっきり耳目に認められるようにする。「足音を―・てる」
㋑世に知れ渡らせる。「浮き名を―・てる」
事物や状態を新たにつくり仕立てる。
㋐物事を新たにつくり示す。「新記録を―・てる」「学説を―・てる」
㋑目標などを考え定める。「見通しを―・てる」「対策を―・てる」
㋒縦目の線をつくり示す。「髪に櫛目を―・てる」
10
㋐盛んに気泡を生じさせる。「泡を―・てる」
㋑湯などを沸かす。「風呂を―・てる」
㋒(「点てる」とも書く)抹茶に湯を注いでまぜ合わせる。「お薄を―・てる」
11 感情を高ぶらせる。「腹を―・てる」
12 注意を向ける。「聞き耳を―・てる」
13 物事を好ましい形で成り立たせたり維持させたりする。
㋐目的にかなって使用価値のあるものとする。「役に―・てる」
㋑損なわずに保つ。「顔を―・てる」「暮らしを―・てる」
㋒世間に認められた存在とする。「文学で身を―・てる」
㋓すぐれたものとして尊重する。「年長者を―・てる」
㋔矛盾なく認められるようにする。道理・順序を正しくする。「筋道を―・てて話す」
14 (「経てる」とも書く)時を経過させる。月日を過ごす。
「愛妻(つま)のことを思い悩んでわびしい月日を―・てて来た」〈近松秋江・青草〉
15 進行をとめて、そのままの状態におく。
「もとの位置に馬車を―・てて待っていた」〈大仏・地霊〉
16 鳥などを飛び立たせる。
「朝狩(あさがり)に五百(いほ)つ鳥―・て夕狩に千鳥踏み―・て」〈・四〇一一〉
17 動詞の連用形に付いて、物事を盛んに行う意を表す。「書き―・てる」「騒ぎ―・てる」
[下接句]青筋を立てる頭から湯気を立てる異を立てる伺いを立てる我(が)を立てる顔を立てる角(かど)を立てる聞き耳を立てる義理を立てる煙を立てる後家を立てる志を立てる情(じょう)を立てる世間の口に戸は立てられぬ・茶を立てる・腹を立てる人の口には戸が立てられない人を立てる身を立てる操(みさお)を立てる耳を立てる目に角を立てる目くじらを立てる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

立てるの関連キーワード大道芸人・大道藝人大風呂敷を広げる台提灯・台提燈目を三角にする目角を立てる小腹を立てるプランナー湯を立てる扇情・煽情小腹が立つ向きになる線香立て誓い立て目くじり金剛橛支え柱真剣師柳塔婆癪の種杓立て

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立てるの関連情報