間ノ岳(読み)あいノだけ

  • あいのたけ
  • あいのたけ あひ‥
  • あいのたけ〔あひ〕

百科事典マイペディアの解説

山梨県,静岡県の赤石山脈の北部にある山。標高3190m。日本第3位の高山で北岳農鳥岳(のうとりだけ)とともに白根三山と呼ばれる。古生層からなり,大井川早川の源流部である。東斜面,北斜面にはカール状地形,南東斜面にアラ沢の大崩壊がある。
→関連項目日本百名山南アルプス国立公園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

赤石山脈北東部,山梨県中巨摩(なかこま)郡芦安村,南巨摩郡早川町と静岡市の境にある山。標高3189m。日本第4位の高峰。山名は,白根三山中間にあることによる。間ノ岳は,東西方向に複背斜構造をあらわす白根層群(白亜系)とこれをおおう赤石層群(白亜系)の砂岩層からなる。頂上部付近は,前輪回の低起伏面の特色をとどめており,頂上の南南東方向の尾根には,雪食作用による二重山稜(稜線平行に並ぶ)が発達している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤石山脈(あかいしさんみゃく)(南アルプス)北部の山。山梨、長野、静岡の3県境に位置する。標高3190メートルで、日本第3位の高峰。北岳と農鳥岳(のうとりだけ)の間に位置し、この3山を白根三山または単に白根山ともよぶ。雄大な山容をもち、小規模ながら二つのカール(圏谷(けんこく))をもつことで知られる。また、夜叉神(やしゃじん)峠からの展望は雄大である。登山には、野呂(のろ)川上流の広河原(ひろがわら)から北岳経由のもの、奈良田(ならだ)から農鳥岳経由のものが一般的である。[吉村 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典・日本の観光資源の解説

(山梨県南アルプス市・南巨摩郡早川町・静岡県静岡市葵区)
白根三山指定の観光名所。
(山梨県・静岡県)
日本百名山」指定の観光名所。
(山梨県南アルプス市・南巨摩郡早川町)
山梨百名山」指定の観光名所。

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(「あいのだけ」とも)
[一] 長野・静岡・山梨の三県境にある赤石山脈北部の山。北岳、農鳥(のうとり)岳とともに白根山(白根三山)を形成する日本第四位の高峰。標高三一八九メートル。
[二] 静岡・長野の県境にある塩見岳の別名。赤石間ノ岳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間ノ岳の関連情報