コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間ノ岳 あいノだけ

6件 の用語解説(間ノ岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間ノ岳
あいノだけ

山梨・静岡県境にある日本第4の高山。赤石山脈北部にある。標高 3189m。北岳,農鳥 (のうとり) 岳とともに白根三山呼ばれる小規模カールをもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あい‐の‐たけ〔あひ‐〕【間ノ岳】

長野・静岡・山梨の県境、赤石山脈の主峰北岳農鳥(のうとり)岳の間にある山。標高3189メートルで日本第4位の高峰。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

間ノ岳【あいのだけ】

山梨県,静岡県の境,赤石山脈の北部にある山。標高3190m。日本第3位の高山で北岳農鳥岳(のうとりだけ)とともに白根三山と呼ばれる。古生層からなり,大井川,早川の源流部である。
→関連項目日本百名山南アルプス国立公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あいのたけ【間ノ岳】

赤石山脈北東部,山梨県中巨摩(なかこま)郡芦安村,南巨摩郡早川町と静岡市の境にある山。標高3189m。日本第4位の高峰。山名は,白根三山の中間にあることによる。間ノ岳は,東西方向に複背斜構造をあらわす白根層群(白亜系)とこれをおおう赤石層群(白亜系)の砂岩層からなる。頂上部付近は,前輪回の低起伏面の特色をとどめており,頂上の南南東方向の尾根には,雪食作用による二重山稜(稜線が平行に並ぶ)が発達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県(静岡県・長野県)〕間ノ岳(あいのだけ)


山梨・静岡・長野3県境付近、赤石(あかいし)山脈(南アルプス)北部に位置する山。標高3189mは日本第4位。北(きた)岳・農鳥(のうとり)岳の中間にあり、3山を合わせて白根(しらね)山と総称される。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。東斜面に2つのカール(圏谷(けんこく))があり、雪田が分布する。南アルプス国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間ノ岳
あいのたけ

赤石(あかいし)山脈(南アルプス)北部の山。山梨、長野、静岡の3県境に位置する。標高3190メートルで、日本第3位の高峰。北岳と農鳥(のうとり)岳の間に位置し、この3山を白根三山または単に白根山ともよぶ。雄大な山容をもち、小規模ながら二つのカール(圏谷(けんこく))をもつことで知られる。また、夜叉神(やしゃじん)峠からの展望は雄大である。登山には、野呂(のろ)川上流の広河原(ひろがわら)から北岳経由のもの、奈良田(ならだ)から農鳥岳経由のものが一般的である。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間ノ岳の関連キーワード芦安〈村〉山梨県中巨摩郡昭和町飯喰山梨県中巨摩郡昭和町押越山梨県中巨摩郡昭和町河西山梨県中巨摩郡昭和町河東中島山梨県中巨摩郡昭和町上河東山梨県中巨摩郡昭和町西条山梨県中巨摩郡昭和町山梨県中巨摩郡白州〈町〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

間ノ岳の関連情報