コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間ノ岳 あいノだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間ノ岳
あいノだけ

山梨・静岡県境にある日本第4の高山。赤石山脈北部にある。標高 3190m。北岳農鳥 (のうとり) 岳とともに白根三山と呼ばれる。小規模なカールをもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

間ノ岳【あいのだけ】

山梨県,静岡県の境,赤石山脈の北部にある山。標高3190m。日本第3位の高山で北岳農鳥岳(のうとりだけ)とともに白根三山と呼ばれる。古生層からなり,大井川早川の源流部である。
→関連項目日本百名山南アルプス国立公園

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あいのたけ【間ノ岳】

赤石山脈北東部,山梨県中巨摩(なかこま)郡芦安村,南巨摩郡早川町と静岡市の境にある山。標高3189m。日本第4位の高峰。山名は,白根三山の中間にあることによる。間ノ岳は,東西方向に複背斜構造をあらわす白根層群(白亜系)とこれをおおう赤石層群(白亜系)の砂岩層からなる。頂上部付近は,前輪回の低起伏面の特色をとどめており,頂上の南南東方向の尾根には,雪食作用による二重山稜(稜線が平行に並ぶ)が発達している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県(静岡県・長野県)〕間ノ岳(あいのだけ)


山梨・静岡・長野3県境付近、赤石(あかいし)山脈(南アルプス)北部に位置する山。標高3189mは日本第4位。北(きた)岳・農鳥(のうとり)岳の中間にあり、3山を合わせて白根(しらね)山と総称される。深田久弥(ふかだきゅうや)「日本百名山」の一つ。東斜面に2つのカール(圏谷(けんこく))があり、雪田が分布する。南アルプス国立公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間ノ岳
あいのたけ

赤石(あかいし)山脈(南アルプス)北部の山。山梨、長野、静岡の3県境に位置する。標高3190メートルで、日本第3位の高峰。北岳と農鳥(のうとり)岳の間に位置し、この3山を白根三山または単に白根山ともよぶ。雄大な山容をもち、小規模ながら二つのカール(圏谷(けんこく))をもつことで知られる。また、夜叉神(やしゃじん)峠からの展望は雄大である。登山には、野呂(のろ)川上流の広河原(ひろがわら)から北岳経由のもの、奈良田(ならだ)から農鳥岳経由のものが一般的である。[吉村 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

間ノ岳の関連キーワード百名山(日本百名山)大井川(静岡県の川)白根山(白根三山)日本アルプス静岡(県)山梨(県)静岡(市)深田久弥農村問題白根山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間ノ岳の関連情報