コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関山峠 せきやまとうげ

4件 の用語解説(関山峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関山峠
せきやまとうげ

宮城,山形両県の境をなす峠。標高 594m。寒風山と面白山との鞍部にあたり,作並街道 (国道 48号線) が通る。 1882年関山トンネルの完成によって,冬季の日本海側と太平洋側の重要な交通路となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきやまとうげ【関山峠】

山形県東根市と宮城県仙台市(旧宮城郡宮城町)との県境にある奥羽山脈を越える作並街道の峠。標高630m。1882年に峠下594m地点に関山トンネルが開通し,山形・宮城両県を結ぶ幹線道路として通行量が急増した。1903年に奥羽本線が山形県北部まで開通して以後は一時衰退したが,自動車交通の進展とともに活気をとりもどし,国道48号線として整備が進んだ。68年には標高513m地点に新関山トンネルが開通して,冬季の通行も確保され,山形と仙台を結ぶ重要ルートの一つとなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県(山形県)〕関山峠(せきやまとうげ)


宮城・山形県境、奥羽(おうう)山脈の面白(おもしろ)山と寒風(さぶ)山の鞍部(あんぶ)を越える峠。古くは「作並(さくなみ)越え」とも。旧道の標高は約700m。宮城県・山形県を結ぶ幹線路の一つで、国道48号は旧道の峠の北東約1kmに掘られた関山トンネル経由で、仙台市と山形県天童(てんどう)市を結ぶ。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関山峠
せきやまとうげ

宮城県仙台市と山形県東根市の境にある峠。作並(さくなみ)街道(関山街道)が奥羽山脈を横断する所にあり、標高601メートル。1882年(明治15)宮城県令宮城時亮と山形県令三島通庸(みちつね)との協議により峠下に関山隧道(ずいどう)が開通、藩政時代から用いられていた笹谷(ささや)、二口(ふたくち)の両街道にかわって仙台―山形間を結ぶ交通路として重視された。国鉄(現JR)仙山線の開通後、峠の意義は一時薄れたが、自動車交通の増大に伴い街道は国道48号として整備された。1968年(昭和43)峠の北部に新関山トンネルが開削され、国道も付け替えられた。[長谷川典夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

関山峠の関連キーワード十島村ALT(外国語指導助手)福井空襲双葉町の避難状況A判摩訶止観三階教重要文化財ソロン摩訶止観

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone