関山峠(読み)せきやまとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関山峠
せきやまとうげ

宮城,山形両県の境をなす峠。標高 594m。寒風山と面白山との鞍部にあたり,作並街道 (国道 48号線) が通る。 1882年関山トンネルの完成によって,冬季の日本海側と太平洋側の重要な交通路となった。さらに 1968年,標高 530mの位置に新関山トンネルが開通して東西交通路としての重要性が増した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきやまとうげ【関山峠】

山形県東根市と宮城県仙台市(旧宮城郡宮城町)との県境にある奥羽山脈を越える作並街道の峠。標高630m。1882年に峠下594m地点に関山トンネルが開通し,山形・宮城両県を結ぶ幹線道路として通行量が急増した。1903年に奥羽本線山形県北部まで開通して以後は一時衰退したが,自動車交通進展とともに活気をとりもどし,国道48号線として整備が進んだ。68年には標高513m地点に新関山トンネルが開通して,冬季の通行も確保され,山形と仙台を結ぶ重要ルートの一つとなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県(山形県)〕関山峠(せきやまとうげ)


宮城・山形県境、奥羽(おうう)山脈の面白(おもしろ)山と寒風(さぶ)山の鞍部(あんぶ)を越える峠。古くは「作並(さくなみ)越え」とも。旧道の標高は約700m。宮城県・山形県を結ぶ幹線路の一つで、国道48号は旧道の峠の北東約1kmに掘られた関山トンネル経由で、仙台市と山形県天童(てんどう)市を結ぶ。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関山峠
せきやまとうげ

宮城県仙台市と山形県東根市の境にある峠。作並(さくなみ)街道(関山街道)が奥羽山脈を横断する所にあり、標高601メートル。1882年(明治15)宮城県令宮城時亮と山形県令三島通庸(みちつね)との協議により峠下に関山隧道(ずいどう)が開通、藩政時代から用いられていた笹谷(ささや)、二口(ふたくち)の両街道にかわって仙台―山形間を結ぶ交通路として重視された。国鉄(現JR)仙山線の開通後、峠の意義は一時薄れたが、自動車交通の増大に伴い街道は国道48号として整備された。1968年(昭和43)峠の北部に新関山トンネルが開削され、国道も付け替えられた。[長谷川典夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関山峠の関連情報