コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗橋関 くりはしのせき

3件 の用語解説(栗橋関の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栗橋関
くりはしのせき

近世,武蔵国利根川河畔 (埼玉県北葛飾郡) にあった関所。栗橋は元和7 (1621) 年利根川流路の変更により,奥州街道の宿駅,渡船場となり,寛永1 (1624) 年に関所をおいたが,栗橋関といわず,対岸の中田関とあわせて,「房川 (ぼうせん) の渡し」と称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

栗橋関【くりはしのせき】

日光道中栗橋宿(現埼玉県久喜市)に置かれた関所。中田(なかだ)宿(現茨城県古河市)と結ばれた利根川の房川(ぼうせん)の渡の地先に設けられ,中田関とも称された。近世初期は伊奈(いな)忠次の支配下にあったが,1610年幕府老中の管轄下となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くりはしのせき【栗橋関】

江戸時代,日光道中栗橋宿の利根川渡し場(房川渡(ぼうせんのわたし))に設けられた関所。通称中田御関所と呼ばれた。もとは奥州道中筋元栗橋に設けられ関東代官頭伊奈忠次の支配に置かれたが,1610年(慶長15)幕府老中の所管となる。その後栗橋の移転にともない関所も新栗橋に移され,31年(寛永8)関東郡代伊奈半十郎忠治の支配に移された。1792年(寛政4)から1869年(明治2)の関所の廃止まで幕府の直轄で,関所には20俵二人扶持を給された4人の番士が,一部に交代があったがいずれも世襲で勤めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

栗橋関の関連キーワード日光街道利根川図誌渡し場川渡し栗橋[町]杉戸[町]日光道中房川渡栗橋〈町〉日光道中壬生通り

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栗橋関の関連情報