コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩鼻 いわはな

5件 の用語解説(岩鼻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩鼻
いわはな

群馬県南部,高崎市南東部にある地区。旧村名。 1957年高崎市に編入。寛政5 (1793) 年に陣屋が設けられ,明治1 (1868) 年には代官所跡に岩鼻県庁がおかれた。烏川左岸の静かな農村であったが,国道 17号線沿いに工業化,住宅地化が進んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

岩鼻【いわはな】

群馬県高崎市の南東部,利根川支流烏(からす)川の左岸にあり,かつては上野国群馬郡のうち。江戸時代には中山道が通る水陸交通の要地で,1793年幕府代官所が設置される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわはな【岩鼻】

上野国(群馬県)群馬郡の代官陣屋所在地。1590年(天正18)徳川家康の関東入部以後前橋藩領,村高264石余。1749年(寛延2)酒井氏転封後は幕府領,93年(寛政5)岩鼻砦跡に関東代官の陣屋が設置された。初代代官は吉川栄左衛門と近藤和四郎,配下に手付・手代・書役・地役人などがいた。陣屋の規模は4.6ha,周囲に堀をめぐらし,中に役所と役人住宅があった。支配区域は上州3郡・武州6郡,最高時には50万石に達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩鼻
いわはな

群馬県高崎市街地の南東部の一地区。旧岩鼻村。烏(からす)川左岸にあり、1880年(明治13)陸軍の岩鼻火薬製造所が設けられ、1963年(昭和38)その跡地に日本原子力研究所高崎研究所(現、日本原子力研究開発機構高崎量子応用研究所)ができた。1974年には県立近代美術館、1979年県立歴史博物館が静かな森に囲まれて開設された。国道17号が通じる。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩鼻の関連情報