コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闕所・欠所 けっしょ

1件 の用語解説(闕所・欠所の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

けっしょ【闕所・欠所】

(「闕所」と書く)鎌倉・室町時代、敗戦・謀反・犯罪などによって没収された所領。また、幕府や領主による没収行為のこと。
江戸時代の庶民に対する刑罰の一。磔はりつけ・火罪・獄門・死罪・追放などの付加刑として、地所・財産を没収すること。 「口論の事なれば家財-には及ぶまい/浄瑠璃・夏祭」 → 改易
人のものを取り上げること。 「友達が来ちや-するひとりもの/柳多留 17
欠けているところ。穴のあいているところ。 「墻壁の-に吶喊とつかんして来た/吾輩は猫である 漱石

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone